« ベストテンの季節ですね その2 | Main | 2007年テレビドラマあれこれ 2 »

February 19, 2008

2007年テレビドラマあれこれ

2007年テレビドラマあれこれを仲間内で出している会報に出した原稿からの
流用です。少し加筆しています。今年はちょっと辛めにしました。

☆◎○△×で評価しています。

<日本のドラマ>
■今週妻が浮気します○
インターネットのブログが原作のドラマ。結構まともなつくりで毎回見れましたが新味は
感じられませんでした。
■ヒミツの花園○
マンガ家の4兄弟についた女性編集者の話でラブコメになりそうでならない中途半端な作
品で終わりました。
■ハケンの品格◎
派遣が現在の会社を支えていることがドラマとなる、そのデフォルメされた世界が楽しめ
たのですが後半失速してあの平凡なラスト嫌い。なぜ恋愛を入れる必要があるのか?
作家の持ちネタの浅さが出てしまったのが残念。
■エラいところに嫁いでしまった!○
嫁になるということの大変さが笑えるというのは昔からあるが、主役の仲間、松坂のキャ
ラが微妙にかぶっているのがなんとも・・・・。
■拝啓、父上様○
丁寧なドラマを久しぶりに見た。好きではないが見ていて安心して楽しめる。ただ今の
時代を描いているように感じられないのがなんとも。コレじゃ視聴率取れないよね。
■きらきら研修医○
ドラマをマンガのように描くとこうなる。意図はわからないが小西で1本となるとこうな
るのか。毒にも薬にもならない1編。
■花より男子2○
映画にまでする必要が感じられない。セレブな男たちの異世界の話。テレビだからみるが
映画になったからといって見たくはくはない。
■ハゲタカ○
いまいち乗れないお話でした。経済に弱い、頭が着いていかない筆者としてはこの手の作
品は苦手です。
■華麗なる一族○
鳴り物入りでスタート、重厚な作品となっていたとは思うが映画版がとっても面白かった
ので印象が残らなかった。華麗なるカレーパンは食べたけどあまり美味しくなかった。
最初は完売の店もあったようだが後半残ってましたよね。
■芋たこなんきん○
大阪の朝ドラは面白い。藤山直美の魅力全開といった展開ではなかったような気がするの
ですがいかがですか。
■プロポーズ大作戦×
奇妙なファンタジー、タイムスリップものだがついていけなかった。いやついていかなか
った。タイトルが悪いし、天使っていわれても・・・・・。
■セクシーボイスアンドロボ◎
どうしてこのドラマの面白さがみなに伝わらないのか。女子中学生とロボットアニメ
オタク大学生スパイものが成立世界をもっと見たかった。どこか昔の「探偵物語」とか
に通じる世界観があったと思うのだが。
■バンビーノ×
こちらものれない1作で何を期待してみればいいのか不明の作品でした。
■わたしたちの教科書◎
「いじめ」を法廷で裁くという挑戦、その人間関係のドロドロしたところが面白かった。
役者も結構面白いのが揃っていた。ウルトラマンメビウスと仮面ライダーカブトの対決
が見れるかと期待したが、活躍したのはチビノリダーだった。
■特急田中3号×
全く話にならない作品。本当に第一話しか見ていない。見た時間を返してほしいぐらいく
だらない作品と思っていたが結構支持者は多いみたい。
■帰ってきた時効警察◎
もうココまでディープな世界に入れば怖いもの無し。どこまでも突き進んでほしい。
もっと深みに入りたい。オダジョー監督のミュージカル編は好き。
■冗談じゃない!○
なんかセンスが古いんだよね。上野樹里だけではコメディにならない。織田、大竹という
のもなんか・・・・・。
■牛に願いを×
いいお話なのかも知れませんが見ませんでした。やはり楽しめる要素というものを感じら
れないのは見る気がしない。
■探偵学園Q○
子どもが主役では犯罪事件は描けないと思うのですがどこまで出来るか期待の1作で
まあ推理などが楽しめはしましたが・・・・・コナンにはなれないみたいで。
■ホタルノヒカリ×
干からびた女の話みたいとは思いませんでした。
■山おんな壁おんな×
こちらもマンガとして楽しめばいいのなら他に見るもの、することがあると思いました。時間の無駄。性差別、見くれで判断する男に女性よもっと怒れ! ま、相手にされてないか。
■山田太郎物語×
この時期はほんとひどかった。バカじゃないのまたまたセレブとビンボーの話なんて。
視聴者をなんと思ってるんじゃ!
■スシ王子!×
ときどきついていけない堤作品。映画化決定で一生懸命見ようとしたのですがダメでした。
わけわからん。
■受験の神様×
もしかしたら面白いのかもという気配はあったのですが・・・・。
■新マチベン◎
裁判もの、弁護士ものが増えてます。裁判員制度への関心を高めるための策略ではないで
しょうか。でも面白かったです。
■ライフ☆
2007年最大の問題作であり大傑作のドラマです。非常に挑戦的でよく放送中止になら
なかったと思いました。「いじめ」への挑戦、その構造を
見事に描き出し、反撃がドラマのクライマックスではなく背後に潜むどす黒いものをさら
け出した作品の凄さに感動しました。目を背けてはいけない。
■パパとムスメの7日間○
舘ひろしがんばってました。それが面白かった。
■どんと晴れ○
宮本信子の演技が凄いと感じたが、平凡な終わり方に少々さめた。
■ガリレオ◎
怪奇大作戦2007といった作品。本家の復活した怪奇大作戦より面白かったが、この雰囲気
を映画で開花できるのか期待しています。月9の限界を感じており映画でその枠を打ち破
ってほしいのですが・・・・フジテレビじゃ無理かな。
■働きマン○
働くことについてまじめに向き合った作品で、男も女もない職場の戦いが面白く
「ハケンの品格」とは違った仕事論。
■医龍2○
時計を見ながらピンチがどこまで、何回あるかある程度予想はできた。現在の医療制度
の問題点も指摘。でもうまくいきすぎでは。
■ジョシデカ!○
全く謎解きがなされないままに最終回でいきなり犯人が連続殺人を説明してくれる。
それまでの話は何だったのか?
■歌姫◎
好きでした。元気なスズちゃんを見ることができるのがよかった。映画館の上映、
あの映写機懐かしかったです。私が映写技師やっていたときの映写機と同じ型で上映の
方法も「ニューシネマパラダイス」のようにいい加減ではなかった。
■ジャッジ◎
やっぱり裁判もんは面白い。今度は裁判官が主人公のお話で、本当に身近な事件を丁寧に
解決していくのは見事。続かないのかな。
■SP◎
あの驚愕のラストは反則。でも面白いから許す。3話完結の展開はだれる。第1話の濃厚さ
が毎回ほしかった。
■ハタチの恋人○
さんまのしゃべりすぎは最初は不愉快だったがなれた。まあココまで年の離れた女の子に
少しちょっかいを出したくなる気持ちはわかりますが。
■ちりとてちん☆
毎週、いや毎日泣いています。コレを見てから仕事に行くのですがもっと余韻に浸ってい
たい毎日です。3月で終わらないでほしい。落語が聞きたい。

|

« ベストテンの季節ですね その2 | Main | 2007年テレビドラマあれこれ 2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50812/40153593

Listed below are links to weblogs that reference 2007年テレビドラマあれこれ:

« ベストテンの季節ですね その2 | Main | 2007年テレビドラマあれこれ 2 »