« 「ちりとてちん」の落語を聞こう! | Main | 歓喜の歌 »

March 10, 2008

ライラの冒険 黄金の羅針盤

面白くなる前に終わってしまった、という感じがしました。

ニューラインシネマが「ロードオブザリング」の後釜を探していて
見つけたのがこの作品。かなり力はいっていると思いましたが、
アメリカ公開の様子をみて多分こんなものだろうと思っていた通りでした。

 我々の生きている世界と良く似た平行世界。そこでは魂がダイモンという
動物の姿をして人々と生きていた。どうも第二の物語は我々の世界へ彼等が
やってくるお話らしいというとことがいいのだが、今回はそこまで行きません。

 元気な少女ライラは勉強は出来ないが男勝りで元気で好奇心が強い。
ある日コールター夫人と出会い北極へ行くことになる。ライラに渡された
黄金の羅針盤はこの世に残った唯一の羅針盤でこれに導かれるように
ライラの冒険が始まる。

 それぞれのエピソードが短く、人物紹介にとどまっているような展開。
都合のいい展開ばかりで少々興ざめ。
 やはり主人公の成長物語としてもっときっちりドラマを描いて欲しかった。
見る側が深読みするような内容になってしまっている。

 よろい熊との出会いも最初からうまくいきすぎ、魔女との出会いもそう。
さらわれた子どもを助けるのがとりあえずの目的となるが、その重要性が
もうひとつ深く描けていない。
 悪い言い方をすれば中途半端だ。プロットの説明に終わっている。

 だからといって2時間以上の作品にすべきとは思わないが、
やりようはあったと思う。最後の戦闘シーンは三つ巴の戦いが
充分に描けていないのも残念だった。誰がどう戦っているのか
理解しがたかった。

 でも私はこの作品は好きです。まず主人公が分かりやすい。
悪人も分かりやすい。そして我々の世界と繋がっている、
我々の世界の延長線上にこの世界があるという設定が気に入った。
ファンタジー物でその世界観がつかめない作品は面白くない。
共鳴、共感できるところがすくないと見ていてもつまらないのだ。

 パート2の発表はまだだが、多分作るでしょう。

 そのときにはもっとじっくりと見れるエピソードに
なるように期待しています。

|

« 「ちりとてちん」の落語を聞こう! | Main | 歓喜の歌 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50812/40445766

Listed below are links to weblogs that reference ライラの冒険 黄金の羅針盤:

« 「ちりとてちん」の落語を聞こう! | Main | 歓喜の歌 »