« ケータイ捜査官7(セブン) | Main | 映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝 »

April 07, 2008

明日への遺言

いい映画なんだろうけど辛かった。映画としてあまりに動きが少ない。
回想シーン、再現シーンがなく法廷で会話のみで構成されているのは
テーマの重さからは苦痛に感じた。藤田まことの演技とかを見ていれば
いいのだろうが、それだけでは約2時間は辛いな。

 飛行機の軍事利用、空爆が戦争に取り入れられたときに国際的に軍事施設は
攻撃しても良いが民間施設はダメと決められたという。
なんとも幼稚なことか。多分その時代にコレでよかったのだろうと思われる。
しかしどこの国も守っていなかったと思われるこの協定を
引き出すことがこの裁判のミソ。だからこそ描く価値があるようだか、しかし
この協定、本当に幼稚だ。今の時代の人間から見ると、この時代はまだまだ人類が
幼なかったのだと感じる。なんか公園で遊んでいる子どもたちのルールのようではないか。

 しかし、今の時代の国際協定も50年、100年後にはそう思われるのかもしれない。
地球温暖化対策の協定もなんかおかしいよね。それだけ人類が成熟すればいいが
それでも争いはなくなっていないだろうな。

|

« ケータイ捜査官7(セブン) | Main | 映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 明日への遺言:

« ケータイ捜査官7(セブン) | Main | 映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝 »