« 追悼 市川崑 | Main | 週刊 真木よう子 »

April 16, 2008

ケータイ捜査官7 第3話

このテイストで1年間続くのか心配になってきますが
3話目もとっても面白く見ました。

研修生のケイタとサードバディ桐原。
桐原は高校生のケイタを受け入れない。

そこへ超音波で人を操る事件が発生。
二人は現場へ。


今回セブンの活躍はなく、サードとスピーカーのお披露目
となりました。

敵は手塚とおるとまた濃い! GOODです。

とても19時ゴールデンタイムの顔ではありません。

そして子ども番組のはずなのになんと!
警官がこどもに銃を向けるシーンがありました。
今となってはハードなシーンのひとつです。
ええんかいな。

まあ、間一髪で救われるのですが・・・・・。

先週もケイタが怪我をして血を流すシーンがありました。
1話目で人の死がちゃんと描かれています。

暴力が描かれ、その結果血を流すこと、死がおとづれることもある
というのをちゃんと描いている三池さんらしいと思います。

へんな横槍が入らないようにきっちり描いていってほしいです。

今の世の中存在しない、子どもに見せたい番組になっています。

来週も楽しみです。


|

« 追悼 市川崑 | Main | 週刊 真木よう子 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ケータイ捜査官7 第3話:

« 追悼 市川崑 | Main | 週刊 真木よう子 »