« ケータイ捜査官7 第7話 | Main | スパイダーウィックの謎 »

May 25, 2008

NEXT/ネクスト

2分先の未来がわかってそれがどうした、という物語。
フィリップ・K・ディック原作からはかなりかけ離れた作品になっているらしく
その通りかなり破綻した作品になっていた。

 マジックで生計を立てている予知能力者。彼に見えるのは2分先の未来。
目立たないようにこの能力を使ってすごしてきたが、FBIには面が割れており
なぜか国家の重大事に力を貸すことになる。

 この話そのものに無理がある。2分先の未来が見えても出来ることは
少ないよね。そこを映像化して面白いか?

 実は監督が監督(リー・タマホリ:007/ダイ・アナザー・デイ)なだけに
アクションは見れる出来になっている。
 コレは実に面白い。絵がうまいのだ。畳み掛けるようにやってくる危機を
 どのようにして逃れていくか。そこだけ見れば面白いのだ。

でも、あの落ちは無いだろう。

ネタバレになりますが、夢オチでした。
でも、あれ2分先の未来じゃないぞ!

って突っ込みを入れてもそのときには映画は終わっていました。

そんな映画です。

|

« ケータイ捜査官7 第7話 | Main | スパイダーウィックの謎 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference NEXT/ネクスト:

« ケータイ捜査官7 第7話 | Main | スパイダーウィックの謎 »