« NEXT/ネクスト | Main | 相棒 劇場版 »

May 26, 2008

スパイダーウィックの謎

 「ロード・オブ・ザ・リング」の成功のあと
雨後のたけのこのように現れるファンタジー映画に飽き飽きしているひとは
多いと思います。私もそうです。でもその中にもきらりと光るいい作品が
あるのではと思い劇場へ足を向けているのですが・・・・・。
まあ今年の「テラビシア」は本当にいい作品だったのでそういうことも
あろうかと期待して「スパイダーウィックの謎」を見に来ました。

 まあ、こんなもんでしょう。

舞台は現代で、我々の住む世界の話。実は妖精は我々と共存していて
そのヒミツを書いた図鑑を作成した博士が行方不明になっており、
封印された妖精図鑑が開かれたところから大きな事件となります。

離婚した母親に連れてこられた3人兄弟。姉と双子の弟。弟の一人は離婚と
引越しには反対だったらしくふてくされているのですが、妖精図鑑をみつけて
開いたことから事件が起こります。

現実世界と地続きなところが好感が持てますが、
展開の速さと、いかにも削っていますって感じの展開がわかりやすく深みなく
浅いものにしている。だから父親に会いたい弟の心の弱さに入ってくる
悪い妖精の悪巧みなどがあまり面白く描かれていない。

妖精図鑑を書いた博士とその娘の話も、主人公たちと平行して描かれ
メッセージ性のあるもになるはずが、親子が会えてよかったとういう話で
終わっている。
家族再生、もしくは新たな未来に向けての希望のお話になるところが
弱くなってしまっている。

悪い妖精との戦いもいまいち笑えるものになってない。なんかグレムリンや
クリッター(知ってる?)みたいでした。

|

« NEXT/ネクスト | Main | 相棒 劇場版 »

Comments

テスト

Posted by: 中沢真一 | May 28, 2008 05:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference スパイダーウィックの謎:

« NEXT/ネクスト | Main | 相棒 劇場版 »