« ケータイ捜査官7 第5話 | Main | CHANGE »

May 11, 2008

少林少女

カンフー映画がわかっていない人間がカンフー映画を撮るとこうなる。

つまらん。

おもろない。

なんじゃこの映画は。

ラクロスの話にしたらいいやん。
そのほうが絶対面白いよ。

少林寺で修行を受けた少女が少林拳を普及させようとするがうまくいかず
或る大学のラクロス部へ入ることに。そこで悪の学長がスポーツを通じて
私腹をこやしていた。

っていう話で、ご存知「少林サッカー」のラクロス版。

でも悪の学長との戦いがメインで、最後の戦いがバカみたいなシーンになって
ばかばかしくてほんとうに幻滅してしまった。
あほじゃ!
なんの映画つくっとんねん。

ワイヤーは許せるがCGは使いすぎ。

コミカルなシーン、カッコイイシーン、緊張と緩和がなってない。

アクションはどこを撮ってるか判らんカットばかりで
テレビと間違えとるんちゃうか。
アクションできる2人の香港からのキャストももったいない使い方で
いいとこなし。

「燃えよドラン」「死亡遊戯」のパロディやってるつもりが逆効果。

話の焦点がぼやけて爽快感もないし、なんども言うがクライマックスの
中村トオルと柴崎コウの戦いアレはないやろ。
この監督は「ビーバップハイスクール」の中村トオルを知らんのちゃうか。

血を流してよれよれぐたぐたになっても戦っていた与太郎やってたんやぞ。

それがあのシーン、改心するシーン、バカか! 悪は悪で死ぬべきなんだ。

それがカンフー映画のお決まり。

それが出来ないならラクロスのスポ根映画にすればよかったんだ。
(ラストの2分ほどのラクロスシーンのほうがよっぽど面白い)

この映画、香港やアジア各地で決して上映しないで欲しい。
恥さらしになる。


|

« ケータイ捜査官7 第5話 | Main | CHANGE »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50812/41166871

Listed below are links to weblogs that reference 少林少女:

» 「少林少女」 [帚木日記]
特に観たいものは無かったのですが、映画館に行ってきました。重めのものは観る気にな [Read More]

Tracked on May 12, 2008 at 01:08 PM

« ケータイ捜査官7 第5話 | Main | CHANGE »