« 絶対彼氏 | Main | 勝手に映画検定 »

May 08, 2008

魔法にかけられて

都合により今頃見ることになった本作、まあ出来はあんなもんでしょ。
 ディズニーがディズニーを越えるって言ってたけど別にそんな感じは
しなかったな。最近のディズニーの悪いところがそのままでてしまった
作品でもっと泣かせるいいお話になったかも知れないのに。

アニメ? おとぎの世界から追い出された先はニューヨーク。
怪獣が現れなくても充分怖い世界で、ノー天気に生きていくお姫様。
そんなお姫様と恋におちるパパ。

展開は誰もが読める、シーンはどこかでみたことあるシーンを真似ているが
なんとも中身がない。

昔のミュージカル映画ってもっと面白かった。

それが魂を売ってキャラクターグッズ販売特化したディズニーにはもう
作れないのだ。

例えば、セントラルパークでのミュージカルシーンは一見よく出来ている
ようにも見えるが、のりがいまいち悪いし、盛り上がりに欠ける。
このシーンは「リトルマーメイド」の海のダンスシーンと重なるところが
あるが、あっちのほうがよほどうまい。

歌い上げるというミュージカル独特の盛り上がりが感じられないのだ。

日中堂々と公園の真ん中で歌うやつなんていない。
それが出来るのがミュージカル。そのツボの押さえ方が中途半端なのだ。

だから4曲もアカデミー賞にノミネートされても1曲も受賞できなかったのだ。

「白雪姫」「眠れる森の美女」「美女と野獣」「リトルマーメイド」などの
名作を自らパロディにしているように思えるが、実は制作している人も
見る人も好きなのだから、そこをうまく引き出して敬意を表すような
展開、内容にすればよかったのではないか。

多分、ディズニーのプリンセスシリーズのキャラ販売に繋がるように
制作された一編だろう。

しかし、あの最初の結婚に至るまでの連続したシーンのせわしないこと、
最後の魔女からドラゴン登場そして愛が勝つ連続したシーンのいそがしく展開
それでもっていい加減な決着。
映画を作るうえでもう少しなんとかならんか。 そう思いませんでしたか。


|

« 絶対彼氏 | Main | 勝手に映画検定 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50812/41129473

Listed below are links to weblogs that reference 魔法にかけられて:

« 絶対彼氏 | Main | 勝手に映画検定 »