« ケータイ捜査官7 第10話 | Main | ケータイ捜査官7 第11話 »

June 20, 2008

ラスト・フレンズ

後半視聴率ぐんぐんアップした
「ラスト・フレンズ」いよいよ最終回。

で最終回に期待するところがほとんどなく
前回で話のほとんどが見えていたから
非常に弱い最終回に思えたのは
私だけだろうか?

DV野郎は自殺してるし、
樹里ちゃんの性同一性障害はばれてるし
長澤の妊娠は最初からわかってるし
おちだけの一時間ではつまらないな。
もう一波乱欲しかった。

バイクの事故はこけおどしもいいところ。

赤ん坊を入れての4人の生活が始まるところに
新たなライフスタイルを見出すという時代でも
なかろうて。
なんか古臭い終わり方のように思えた。

まあやっぱり樹里ちゃんは凄い!
今回かなり長澤と比較され、のだめの亡霊と
戦ったようなことを書かれているが、
彼女はもともと凄い女優さんだということを
皆知らないのだ。
「スイングガールズ」
「ジョゼと虎と魚たち」
「てるてる家族」
「亀は意外と速く泳ぐ」
「チルソクの夏」
などの映画やテレビを見ていればわかることだ。

また彼女としてはキャリアとして
大役をこなしたといえよう。


|

« ケータイ捜査官7 第10話 | Main | ケータイ捜査官7 第11話 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50812/41585117

Listed below are links to weblogs that reference ラスト・フレンズ:

» 『チルソクの夏』 佐々部清 脚本 橋口いくよ ノベライズ (幻冬舎) [エルミタージュ図書館]
 出張先でクタクタになってホテルに戻り、テレビのスイッチを入れた。 いきなり中国地方(広島・山口・島根石見)と思われる言葉が飛び出してきた。ローカル番組でなく映画のようである。しばらく見ていると萩か長府のような武家屋敷のシーンが展開。時代設定は、どうやら私の高校時代と重複するようだ。中学生の頃、NHKで夕方放送していた「少年少女ドラマシリーズ」のような内容で、途中からストーリーもわからないまま珍しくテレビに見入ってしまった。 この映画のタイトルは『チルソクの夏』というもの。1977年7月7日、韓国釜... [Read More]

Tracked on July 06, 2008 at 06:33 PM

« ケータイ捜査官7 第10話 | Main | ケータイ捜査官7 第11話 »