« ケータイ捜査官7 特報 | Main | 4つの嘘 »

July 27, 2008

ケータイ捜査官7 第15話

前回に引き続き子どもネタです。
転校して来た子が友達を作りたくて
魔法のかかった媒体を友達にわたすと
それがハッキング出来る媒体だった。

その魔法はゼロワンが仕込んだものだったという
お話。

ゼロワンの目的、セブンたちへの試練のひとつとして
描かれるエピソードだがココで子どもたち支持を
得ておかないと番組が今後続けられないとの判断も
あるのでは?

なぜかこの夏のおもちゃのチラシ、例えばトイザらスの
のチラシなどでフォンブレイバーのおもちゃの掲載が
目立ってきているもの。

なんかあるような気がします。

|

« ケータイ捜査官7 特報 | Main | 4つの嘘 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ケータイ捜査官7 第15話:

« ケータイ捜査官7 特報 | Main | 4つの嘘 »