« ケータイ捜査官7 第21話 | Main | 海外ドラマ検定 »

September 12, 2008

20世紀少年

私と同世代、いや少し上、(5つほどと思われる)のお話なのですが、
全くノスタルジー、懐かしさを感じるところが無い。コレがこの映画の致命的な
欠陥。話は面白いから見いってしまうが感動に至らないのはそこだ。
「モーレツ大人帝国逆襲」のようなノシタルジーを感じれる演出がなく単に
大きく広げた話をどうまとめていくかに力を注いでいるように思える。
20世紀に生きた人間としての反省みたいなものがテーマになっていると聞いたが
それは後に続く2作を見ないと判らないということか。

版権の関係かも知れないが、キャラクターの名前が全く出てこない。
ウルトラマン、仮面ライダー、ゴジラ、そのほか必須アイテムやキャラは
たくさん存在したが出せないらしく匂わせているだけ。ハットリくんのお面も
ぎりぎり許せる範囲なのか。しかし・・・・このあたりが押さえられないと
このお話は面白くないと思うのだが。

あとバカみたいなシーンが多い。これもこの映画の疵。

コンビが燃やされるシーン、あの暴徒たちは一体何?警察は?近所の連中は
何をしていたのか?

「よげんの書」の国会議事堂爆破の絵、あれはなんかのギャグ? 
どう見たって国会議事堂の絵なのに思い出せないなんて・・・・バカかあいつは?
というかその絵を見ている連中皆。
まあキングコングですら壊すことが出来なかった議事堂を破壊したのは天晴れ!

東宝怪獣映画特撮にオマージュがささげられていたかどうかわからないが
ラストのロボットバトルはそれなりに楽しめるが、最後に出てきたもう一体の
ロボット、もっとよく見せて欲しかったな。

ラストの展開が急に加速して状況がつかめない。時間がなくなりましたので
あせりましたといわんばかりの編集のような気がしたが、
続く2作で詳細が明かになることを期待したい。

ところで、意外なことに気がついた。この話、海外テレビドラマ「ヒーローズ」に
そっくり!
最後の東京爆破はニューヨークの爆発。それを阻止するために選ばれた者たちが
集まってくるところ。そして「よげんの書」は「ヒーローズ」では予知された絵画。
そっくりなところが多い。 八犬伝物語まで行かなくてもココまで似ていると
ちょっと疑いたくなるがどっちが真似した? 

まあ私の妄想でしょうが。

|

« ケータイ捜査官7 第21話 | Main | 海外ドラマ検定 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50812/42440246

Listed below are links to weblogs that reference 20世紀少年:

» 「20世紀少年 」まじめに作ってるのか、笑っていいのか・・・ [soramove]
「20世紀少年」★★☆ 唐沢寿明 、豊川悦司 、常盤貴子 主演 堤幸彦監督、2008年、144分 浦沢直樹の大ヒットコミックス実写版3部作、第1弾。 これ見ておかないと、 あと2作続くからなと 劇場へ、まあまあの入り。 なぜかほっとする。 製作者でもないの...... [Read More]

Tracked on September 22, 2008 at 10:35 PM

» Heroes シーズン2 あらすじ [Heroes シーズン2 たのしみ]
Heroes シーズン2楽しみ [Read More]

Tracked on October 01, 2008 at 07:49 PM

« ケータイ捜査官7 第21話 | Main | 海外ドラマ検定 »