« ダークナイト | Main | アイアンマン »

September 29, 2008

ケータイ捜査官7 第23話

「ケータイ死す」監督三池崇史。

第1話以来の三池監督作品となります。
この放送の前に1話を見直しましたが
本当に凄い作品です。

さての熱気が再び!と期待したのですが
まあこんなもんでしょ。

中盤の転換期の押さえというところを
きっちり押さえてさすがです。

誘拐されたシーンは描かれずに
ケイタを試す間明とゼロワン。

容赦ない必死のケイタの姿を追うカメラは素晴らしい。

映画でもテレビでもひたすら走るシーンを追うと
それだけで面白くなるのだ。

そしてセブンへの拷問もまた容赦なし。

機械なので少々ことをやっても残酷に見えないので
結構やってましたね。

ラストは心変わりしたゼロワンにかわいいところが見えたりして
いい展開です。
よくあることではありますが、それでいいと思います。

悪もんが中盤でいいもんになって、ラストは本当の悪と
一緒に戦い命を落とす! これぞヒーロー物の王道!

という展開に期待しながら来年春を楽しみに待ちましょう!

|

« ダークナイト | Main | アイアンマン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ケータイ捜査官7 第23話:

« ダークナイト | Main | アイアンマン »