« ケータイ捜査官7 スペシャル | Main | グーグーだって猫である »

October 12, 2008

映画祭を紹介します。

芸術の秋、ということで関西ローカルな話題ですが、映画祭を紹介します。

■京都映画祭 10月8日~10月13日
只今開催中の映画祭で、今年はマキノ雅弘監督100年として開催。
「次郎長三国志」全9作他の上映。開催場所が離れているのが少々難ですが
貴重な日本映画を見る機会としてどうぞ。
http://www.kyoto-filmfes.jp/

■新開地映画祭 10月24日~10月26日
女性限定の映画祭でピンク映画、ロマンポルノ映画を上映。
こちらも貴重な作品が上映されます。「花弁のしずく」(‘72)のロマンポルノ
初期の作品のニュープリント上映。田中登監督作品でファンのカンパにより
ニュープリント化されたとか。観たいです。そのほか「泪壺」「ニップルズ」
「ヴァイブレータ」などの日本映画と韓国映画「秘蜜」、フランス映画「ひめごと」が
上映されます。普段この手の映画は女性は映画館へ観に行くことがためらわれると
思うのでこの機会にどうぞ。
http://eigasai.shinkaichi.or.jp/

■宝塚映画祭 11月1日~11月7日
昔、宝塚映画という会社あって宝塚で映画を作っていました。
子どものころテレビドラマを何本か見たことがありますが、今はありません。
その宝塚映画を発掘して上映。他に特集上映もあり以前にくらべ規模が大きく
なってきたように思えます。
今回上映される「新しき土」(‘37)の日本=ドイツの合作で原節子が主演。
監督伊丹万作で、甲子園ホテルで撮影が行われたとか。
DVD化されていない「サザエさんの婚約旅行」(‘58)は宝塚映画で
この映画祭でしか見られない?
http://www.takarazukaeiga.com/


■大阪ヨーロッパ映画祭 11月21日~11月24日
ヨーロッパの最新の映画を上映。特にココで上映される作品の中には
日本初公開、配給が決まっていない作品が多く、見逃すともう観れない
かも知れません。昨年見たフランス映画はWOWOWで放映はされました
がその後ビデオのみ発売となりました。
正直どれが面白いかは不明ですが、どんなものが当たるかという楽しさは
あります。「アラビアのロレンス」の特別上映と「モーリス・ジャールの軌跡」
というドキュメンタリーも興味深いです。なんとモーリス・ジャールが来ます。
他にも関連イベント上映あり。
http://www.oeff.jp/

さて、東京では東京国際映画祭が10月18日~10月26日開催。
こちらには「Dウォーズ」が登場。あの「クローバー・フィールド」と一緒に紹介した
韓国の怪獣映画です。オープニングは「レッドクリフ」。すでにアジアでヒットしてい
る作品を出すの? クロージングも「ウォーリー」とは芸がない。世界で大ヒット上映
済みの作品でっせまったく。東京フィルメックス(2008年11月22日~30日)のほうが
気がいているんじゃないでしょうか。


東京国際映画祭
http://www.tiff-jp.net/ja/

東京フィルメック
http://www.filmex.net/

|

« ケータイ捜査官7 スペシャル | Main | グーグーだって猫である »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画祭を紹介します。:

» f20u3B092100P0DwE508B [映画 Search Anything]
何気なくネット見ていたら映画の関連する記事を見つけました。私もコレ見て参考にし... [Read More]

Tracked on October 12, 2008 01:46 AM

» 最近、観たCinema(DVD)4 [goo goo g’joobな散文日記/水野 哲]
クローバー・フィールド 観てる最中は目が離せなかったというだけで、観た甲斐があったかどうかは言えない・・・・・・。 ただ、自由の女神の首が吹っ飛んでくるのはインパクト大だ。ネタバレになるから書かないけどラストのあっけないところを、みんなつまらないと言うけ... [Read More]

Tracked on October 12, 2008 09:43 AM

« ケータイ捜査官7 スペシャル | Main | グーグーだって猫である »