« 映画の子 マキノ雅弘 まるで活動大写真みたいな人生 | Main | ICHI »

October 30, 2008

風のガーデン

緒形拳が亡くなって話題が高まったと思ったのですが
「流星の絆」には勝てなかった作品です。

東京と富良野を舞台にした静かなドラマ。
富良野に家族をおいて東京に出てきた医者が
末期のがんに侵され富良野に帰ってくる。

家族ひとりひとりを丁寧に描き
周りにかかわる人々とのドラマを見せてくれる
最近見ない落ち着いた雰囲気がいいいが
緒形拳が出ていなければここまで
話題にはならなかったのでは?

夏に北海道に行った。
憧れの地、富良野には真っ先に行ったが
うーんやっぱ観光地化されいるなと感じてしまった。

今回のドラマもその一端を担うことになるだろうな。

うちの母は来年もう一度行きたいっていってるもの。

|

« 映画の子 マキノ雅弘 まるで活動大写真みたいな人生 | Main | ICHI »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 風のガーデン:

« 映画の子 マキノ雅弘 まるで活動大写真みたいな人生 | Main | ICHI »