« ブラッディ・マンデイ | Main | 七瀬ふたたび »

October 20, 2008

ウォンテッド

ありえねー映像がオンパレードのアクション映画で、
バリバリのCG映像がもう飽きちゃったといわれそうな映画ですが、それなりに
面白かったのですがいかがですか。

 父親が実は闇の暗殺者で、それが罠にかかり殺された。君にもその血が流れている。
素質があるとスカウトされるうだつ上がらない青年。彼の成長物語であると同時に
そこには実は謎が隠されていた。

 ひとりを殺して1000人を救うと言っておきながら、彼らがひとたび暴れ始めたら
一体何人死んでるんだと町中大パニック。列車が橋から落ちるシーンは
ああ「カサンドラクロス」の時にはコレだけで1本の映画になったのにと
懐かしく思い出し、てんこ盛りのアクションシーンにおなかいっぱいに。

 でもこのお話結構二転三転するお話が面白かったので、最後まで飽きることなく
観れました。
 何故織物職人が謎の暗殺集団になったのか、そして指示されるターゲットが実は
自分たちであったあたりが面白い。

 かなりキバって作られた作品のように感じられ、この1作にパワーを出し切った
感じがした。なのでこの作品シリーズ化は無いと思うのですがいかがですか。


ところで「イーグル・アイ」と混同しませんでしたか?
お話は全く違うみたいですが、主人公の設定とアクションがところどころかぶって
いるような印象があるのですが・・・・・。


|

« ブラッディ・マンデイ | Main | 七瀬ふたたび »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ウォンテッド:

« ブラッディ・マンデイ | Main | 七瀬ふたたび »