« ケータイ捜査官7 第23話 | Main | 大決戦!超ウルトラ8兄弟 »

October 04, 2008

アイアンマン

 まあ、こんなもんでしょ。

アイアンマンの誕生物語なので制作と見せ場に行くまでに時間がかかるのが
玉に瑕です。
映像的にも予告でみた以上の絵が少ないのでちょっと残念。
ラストの敵だけは秘密にしていましたが、まあ予想できるのでそれほど意外性が
ないのが少々辛いかな。

でもこの映画ひとつだけ素晴らしいところが、
それは見せ方。アイアンマンのスーツ装着シーンなんて結構大変なのだけど
それをとても丁寧にそしてかっこよく見せているのがいい。
このシーンは甲殻機動隊のオープニングシーンみたいでした。

そしてもうひとつはバトルシーンの見せ方。
ガチャガチャしたカットの連続で何が写っているか?どうなっているか
わからんシーンの連続といったことなくちゃんと絵を見せて
状況を把握できた上で敵をやっつけるかっこよさ。

初めての戦闘ときの戦車を攻撃するシーンは西部劇だと思います。
腕のミサイルを撃ち込んでコツンという着弾の音、振り返るアイアンマン。
爆破される戦車!
こういったヒーロー物ではかっこいいと感じるシーンをちゃんと
用意しておいてほしいもんです。

ラストの敵との垂直上昇勝負は平成版「ガメラ」のガメラとギャオスの一騎打ち
のぱくりではないかと思ったのですが・・・・どうでしょう。

とにかく落ち着いてかっこよくヒーローを見せる
この見せ方を「トランスフォーマー」のときにして欲しかった。

さて、シールドの登場で終わる「アイアンマン」は次に「アヴェンジャーズ」に
登場となるのでしょうか?
(アヴェンジャーズって言うのはハルクとかアイアンマンが協力して悪と
戦うチームのことでマーベルコミックのヒーローチーム。対してジャスティスリーグ
っていうのがDCコミックのヒーローチームでスパーマンとかバットマンが一緒に
出てくる)
このアヴェンジャーズの映画化が2011年とか?

「インクレディブル・ハルク」は見ていないのですがどうもそこで繋がって
いるようで、では「アイアンマン2」って一体どうなるの?
という具合に楽しみはつきませんな~ぁ。

|

« ケータイ捜査官7 第23話 | Main | 大決戦!超ウルトラ8兄弟 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50812/42676029

Listed below are links to weblogs that reference アイアンマン:

» 「アイアンマン」 [クマの巣]
「アイアンマン」、観ました。 兵器会社の若き社長トニー・スタークが陰謀に巻き込まれ、窮地に追い込まれる。絶望の底でトニーは鋼鉄の... [Read More]

Tracked on October 08, 2008 at 10:13 AM

« ケータイ捜査官7 第23話 | Main | 大決戦!超ウルトラ8兄弟 »