« 次郎長三国志 | Main | 風のガーデン »

October 30, 2008

映画の子 マキノ雅弘 まるで活動大写真みたいな人生

時代劇専門チャンネルで「次郎長三国志」応援企画で放映された
「映画の子 マキノ雅弘 まるで活動大写真みたいな人生」がよかった。
1978年に放送された「あゝ、にっぽん活動大写真」を再編集し新たな
追加撮影も含めた2時間の特別バージョン。
マキノ監督の面白い、貴重なお話がたくさん聞けるし、いろんな役者さん
とのエピソードが興味深い。日本映画の原点を探るとても貴重な作品だった。
マキノ監督と対談するのは森繁久弥、永田雅一、嵐寛寿郎などなど。
撮影当時の話や、マキノ監督の猿踊りが見れたりする。

中学2年のとき「あゝ、にっぽん活動大写真」を欠かさず見ていた。
まだ、邦画の古い作品はほとんど見たことがなかったし、それほど興味が
あったわけではない。しかし、映画を一生の趣味、ライフワークにしようと
既に心に決めており、淀川長治さんの言葉から映画に関する全てを勉強しなさい
という教えに従って見ていた。正直当時はよくわからなかった。

映画黎明期、サイレントだから台詞は言っても録音されなかった。
台詞は「いろはにほへと」で充分でそれで撮影されていた。
私が高校のとき撮影した映画もアフレコだったので台詞が頭に入っていないときは
ゆっくり数字をかぞえさせて撮影。あとで録音した。この番組からえた知識で
撮影していたのだ。

そんなエピソード満載の貴重な番組に再会できたことがうれしかった。

実は映画検定を勉強していてももうひとつつかみきれない日本映画の歴史に
触れることが出来たように思えた。

その後、バイト先の映画館で浴びるようにチャンバラ映画を写して、見ることに
なる。そこへとあの番組を見た経験は繋がっていった。

あらためて今回の番組は見れてよかったと思うが、もう30年前の作品なんですね。


|

« 次郎長三国志 | Main | 風のガーデン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50812/42934321

Listed below are links to weblogs that reference 映画の子 マキノ雅弘 まるで活動大写真みたいな人生:

« 次郎長三国志 | Main | 風のガーデン »