« まぼろしの邪馬台国 | Main | ケータイ捜査官7 第28話 »

November 26, 2008

レッドクリフPART1

「レッドクリフPART1」
○監督:ジョン・ウー ○出演:金城武 トニー・レオン 

私は「三国志」は知りません。
特別な思いもなく、また今まで映画、ドラマ化されたものも一切見ていません。
マンガは横山光輝のを読もうかと思っていますがまだ読んでいません。
全くの素人です。
で、ジョン・ウーの映画が好きです。

それで言わせてもらいますが、おもろないこの映画。

ストーリーは判りやすくむしろダイジェストにしてしまったためだろうが
なんの厚みも感じられないキャラ。

戦い方が面白いといえばそうだけど、接近戦になればどれも同じで、
延々と続く剣と槍の戦い、最初はいいがだんだん飽きてくる。
どれもそう変わらないのだ。

ここで私は眠くなった。

なにも新しいところが感じられないのだ。

赤ん坊を背中にしょって戦うシーンは「新男たちの挽歌」の焼き直しで
これがまた下手。ぜんぜんなってない。
赤ん坊が背中にいて戦うシーンなんてこれほどのハンディがあろうかとう
シュチュエーションなのになんか普通に戦って赤ちゃんを救ってしまうのだ。

こんな映画ジョン・ウーでなくても撮れるのではないか。

全体が仰々しく鳴り物入りで公開されているが私のみたいジョン・ウーの映画
ではなかった。

ホント、アメリカへ行ってから1作ごとに悪くなっていくジョン・ウー作品。
最初はよかった。

「ハード・ターゲット」でジャンクロード・バンダムをうまく使ったのは見事!
コレは隠れた名作です。
「ブロークン・アロー」も傑作。音楽がいい、ジョン・トラボルタがいい。男の
友情と裏切り、そしてアクションが見事。
「フェイス/オフ」は最高傑作!家族再生の物語、男と男の戦い、アイディアの
面白さ、アクションシーンの美しいこと。

だかこれ以降の作品はクズに等しい。「MIP:2」なんて誤解以外のなにものでもなく
あのだらだらしたアクションは退屈。
「ウインドトーカーズ」「ペイチェック」なんてなんの印象も残っていない作品。

誰かジョン・ウーをこんなふうにしたのか!

「男たちの挽歌1、2」「ハードボイルド・新男たちの挽歌」「狼/男たちの挽歌・最終章」
「ワイルドブリッド」みたいな映画を作って欲しい。もう無理なのだろうか。

「レッドクリフPART2」見るとは思いますがあまり期待できない。

|

« まぼろしの邪馬台国 | Main | ケータイ捜査官7 第28話 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference レッドクリフPART1:

» 「レッドクリフ Part1」 [クマの巣]
「レッドクリフ Part1」、観ました。 中国の有名な演義な一つ「三国志演義」の映画化! 中盤最大の見せ場である、赤壁の戦いをアジアのス... [Read More]

Tracked on November 26, 2008 09:50 AM

» レビュー:映画『レッドクリフ Part I 赤壁』(ジョン・ウー、東宝東和・エイベックス・エンタテインメント、2008、中国・香港・日本・韓国・台湾) [ぶらぶら日記 B面]
相当お金かけましたね。 それ以外の褒め言葉を思いつかない。 とにかく長い。 実際の長さは2時間25分だけれども、それ以上に長い。 開始早々から「早く終わらないか」と、そればかり考えていた。 唯一おもしろかったのは八卦の陣のところ。 そこだけにすればよかったのでは..... [Read More]

Tracked on December 09, 2008 11:41 PM

« まぼろしの邪馬台国 | Main | ケータイ捜査官7 第28話 »