« ICHI | Main | ケータイ捜査官7 第27話 »

November 09, 2008

ケータイ捜査官7 第26話

金子修介監督作品第2弾ですが
なんかフツーに終わってしまいました。

あの忍者ナンなんだろう。
又出てくるのかな?

金子修介監督作品で忍者といえば
「みんなあげちゃう」が思い出されます。
コレは彼の初期の傑作!
大金もちのお嬢さんのロストバージン物語で
その影の監視役に忍者出てくるのだ。
流星号まで登場する大爆笑にっかつロマンポルノ
ではないソフトポルノ。
あの頃のバカバカしい映画もとって欲しいなと
思うのですが・・・・。

今回のケータイ捜査官2作品は、
あくまでゲスト監督であまり枠を壊すような
自由なフィールドを存分に楽しんだという
つくりではなかったように思います。

あんたがシリーズ監督したウルトラマンマックスでは
かなりみんな自由にやっていたのに。
三池さんのマックス2本は今でも傑作よ!

|

« ICHI | Main | ケータイ捜査官7 第27話 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ケータイ捜査官7 第26話:

« ICHI | Main | ケータイ捜査官7 第27話 »