« ケータイ捜査官7 第27話 | Main | その日のまえに »

November 11, 2008

流星の絆

この作品どうですか。
ハードな内容と
ソフトな内容が
交互に出てきてそのラインの危ういところに
もうそろそろ差し掛かりそうと
感じているのですが。

原作は読んでいません。
だからこのドラマの脚色部分が読めないのですが
かなり遊びが強いシーンはオリジナルではと
思っています。

コレをさすが宮藤官九郎というべきなんでしょうか?

だた、ネタが古いのが気になります。
「カナダからの手紙」って何のことかわかりますか?
今の若い人にとって。
このドラマの対象は20~30代だと思うのですが
約15年ぐらいズレがあるように思います。

まあそれがわからなくても結構面白いので
いいかもしれませんが。

さてアリアケ3の運命やいかに・・・・・・・。

|

« ケータイ捜査官7 第27話 | Main | その日のまえに »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50812/43060645

Listed below are links to weblogs that reference 流星の絆:

« ケータイ捜査官7 第27話 | Main | その日のまえに »