« イノセントラブ | Main | デスレース »

December 23, 2008

風のガーデン

最終回。
ここまできっり終わったドラマも最近では珍しいのでは。
誰もがいい人で、少々鼻に付くと思われそうなところを
緒形拳の演技とその後の死という事実がなんともこの
ドラマをいいドラマとして成立させてしまったようにおも
える。

彼の死がなければ主人公中井貴一の死がどこまで
リアルか、その息子や娘、父親、との関係がどうなる
のか、そして死を目前にした人は故郷を目指し、
娘とバージンロードを歩くという願いがなんとも都合よく
なってしまう。中井の役がその重みに耐えられなかった
のではないかと感じる。

緒形拳の死で編集が変わったかどうかは判らないが
見る側の気持ちが、画面からくる思いを受け止めながら
誰もがこのドラマを見ていたようで、それはまあ
しかたたがないことで。


あらためてテレビで人生の幕引きをした緒形拳という人は
テレビの人だったのだと思った。


|

« イノセントラブ | Main | デスレース »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 風のガーデン:

« イノセントラブ | Main | デスレース »