« Xファイル 真実を求めて | Main | ケータイ捜査官7 第31話 »

December 07, 2008

ルームオブキング

なんだかな、このドラマ一体なんなんだろう。

ストーリーは確かにあるのだが、

常識が通用しない空間で物語が進んでいるようで

それでいて擬似家族、それぞれの成功と挫折の成長物語に

なっていて、この感覚理解できない。

面白いかこれ。

正直そんなところがあってそのまま終了した。

「時効警察」や「トリック」などはまだ現実世界と

地続きになっているようなところがあった。

「ハチワンダイバー」でもまだ許せるところがあったが

このあたりから付いていけなくなってくる。

そしてこの「ルームオブキング」。

存在の不明な不動産屋が一体何?

彼らはどうやってみなのことを監視?していたのか?

不思議な感覚、テイストのまま最終回を迎えた。

「夢をかなえるゾウ」はスペシャルと連ドラ1回目でリタイアしたが

同様に受け入れがたい世界観がついていけなかった。

|

« Xファイル 真実を求めて | Main | ケータイ捜査官7 第31話 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ルームオブキング:

« Xファイル 真実を求めて | Main | ケータイ捜査官7 第31話 »