« ケータイ捜査官7 第30話 | Main | Xファイル 真実を求めて »

December 01, 2008

ハッピー・フライト

「ハッピー・フライト」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督:矢口史靖 ○出演:綾瀬はるか 田辺誠一  

私は矢口監督びいきです。
なんかいいですよね。この笑い。
好きです。

「大空港」を思い出しました。あれは航空パニック映画の先駆けとなった作品で
エアポートシリーズなんて誰がつけたか知れませんが以後制作されることに
なりました。まあ「エアポート75」が一番面白いかな。「~77」「~80」と
あります。どれもジョージ・ケネディが出ていて、役柄は違うのですがお約束
となっていました。「ハッピー・フライト」にも出ていたら笑えたのに。

「フライング・ハイ」って傑作コメディはこの航空パニック映画をパロディにしていて
コレがまた面白いのでオススメします。

少々亜流ですが「スネークフライト」とか「ダイハード2」なんてのも
エアポートシリーズではありませんが飛行機や空港を描いていました。
未見なのすが「エンデベの勝利」「オスロ国際空港」なんてのも
思い出しました。

さて「ハッピーフライト」は
特に笑わせるつもり無くても、飛行機を安全に飛ばすために、いろんなスタッフが
真面目に一生懸命働いている姿が結構面白く見れてしまう映画です。取材の中でそのエピソード
が出てきてつづられたものだと思うが、どんな仕事にもドラマがあるということか。

中でも畿内のクレームのエピソードはよかった。
あの状況、私も同じく接客、サービス業を行うものとしてあそこまでの対応が出来るか。
感心した。
飛行機が引き返すことになり、このままホノルルまで行けとごねる客が出てくる。
通常の対応では素直に聞かない。密閉空間、数時間をともにする関係で無視も出来ない
というなかでのクレーム処理というのは最悪だ。並大抵の神経では出来ないだろう。

いろんな箇所でいろんな人が働いているのがよくわかったが、女性が多い。
パイロットに女性はいないようだが、時間の問題ではないか。
どの女性もかっこよく素敵だった。

難を言えばキャラの絞込みが弱いので、ドラマとしての深みがなくなってさらりとした
印象で終わったのが残念。

 まあ重い飛行機をライトに描くのももとはライト兄弟のものだからいいのか。



大空港(初回生産限定)(DVD) ◆20%OFF!



 中古》エアポート 75洋画


DVD エアポート’77/バミューダからの脱出 【ユニバーサル・ザ・ベスト¥1800 第6弾】


[枚数限定][限定版]エアポート'80/アラン・ドロン[DVD]


|

« ケータイ捜査官7 第30話 | Main | Xファイル 真実を求めて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ハッピー・フライト:

« ケータイ捜査官7 第30話 | Main | Xファイル 真実を求めて »