« 空へ 救いの翼 | Main | 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ »

December 31, 2008

地球が静止する日

「地球が静止する日」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督 :スコット・デリクソン
○出演 :キアヌ・リーブス 、 ジェニファー・コネリー 、 キャシー・ベイツ

今期の正月映画も気がつけば邦画ばっかし。
まともな洋画は「地球が静止する日」「ミラーズ」「ワールド・オブ・ライズ」
ぐらいではないか。「ウォーリー」もあるけど。

いつからこんなことになったのか。
おせちばかりじゃ飽きる。ちゃんと洋食、ステーキ級のものを用意しておいて
くれないと困るのだ。
どうして「マンマミーア」「007慰めの報酬」が正月映画じゃないのだ?
正月から景気のいい映画みたいじゃないですか。
アニメとテレビ延長線のようなものばかりで困ります。
何とかしてくれ!

で、貴重な洋画作品がこの出来! いい加減にせい。
昨年の「アイアム・レジェンド」より悪い。

いやな予感はしていたが・・・・・・・。見なくていいよこの映画。

円盤ではない未確認の飛行物体、球体が地球にやってくる。
マンハッタンに下りた球体から現れた異星人は地球人に警告。
「地球」を人類から守ると。
そのあと話しが動かないのだ。この異星人がキアヌだが、ダイコン演技そのままで
なにか彼の心に触れたのだろうが、それがよくわからないし、簡単に事態が終息して
しまう。

それで終わり。

ゴートとの戦いや、人類の存続をかけた戦いが見れないのだ。

何が見せたかった。今の時代のテーマを真面目にやろうとするからだ。
そんなのきっかけでいい。もっと面白いもん見せてくれ。

侵略のもだったら「インディペンデンス・デイ」や「宇宙戦争」のように戦いを
見せて欲しかったな。

こんなクズ映画が本年の最後になるとは。

ビデオで口直しをしています。その作品はまたの機会ということで。


|

« 空へ 救いの翼 | Main | 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 地球が静止する日:

« 空へ 救いの翼 | Main | 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ »