« ハッピー・フライト | Main | ルームオブキング »

December 02, 2008

Xファイル 真実を求めて

「Xファイル 真実を求めて」
―――――――――――――――――――――――――――
○ 監督・脚本:クリス・カーター 
○ 出演:デイビッド・ドゥカブニー 、 ジリアン・アンダーソン

 6年ぶりの登場ということで崩壊したテレビシリーズに未練はなく
モルダーとスカリーも戻ってきたくなかっただろうに何故今頃・・・・って
感じで実際映画もそんな出来でした。

テレビシーズのXファイルは大きく分けて怪現象編とUFO編に分かれます。
UFO編が全体の骨となり政府の陰謀などが暴かれていることになるのですが
こちらは最後、ストーリーが崩壊し9年かけてたどり着いたラストがこれかいと
言う終わりなのです。モルダーとスカリーのベッドインで終わるなんて。
二人の関係はくっつかないのがいいのに。

さて本筋とは別にほぼ1話完結で怪現象の捜査にあたるお話が結構面白く
都市伝説や怪奇現象、超能力などが出てきてそれが解明されたり、謎のまま
だったりするのが面白かった。

それで今回のお話はその怪現象編のスペシャル版といったところかな。

まあモルダーとスカリーを引っ張り出すほどの事件じゃないと思うのですが
透視が出来る神父と行方不明になったFBI捜査官を探すことになる。
そこにはロシア人がからんでいて・・・・。

このお話石井輝男監督の「恐怖奇形人間」のような感じがしたのですがどうですか。

 ラストのモルダー、スカリーのキスシーンからボートをこぐモルダー、
そのそばには水着姿のスカリー、でもコレがCGってわけわからんラスト。

ラストも含めて一体何のために作ったのだろうか。

監督のクリス・カーター、壊れているのではないか。

|

« ハッピー・フライト | Main | ルームオブキング »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Xファイル 真実を求めて:

« ハッピー・フライト | Main | ルームオブキング »