« 20世紀少年-第2章-最後の希望 | Main | ケータイ捜査官7 第37話 »

January 25, 2009

ケータイ捜査官7 第36話

「ともだち」というタイトルで新興宗教が
出てくるのですっかり「二十世紀少年」の
パロディかと思ったらそうではなく、
ケイタの前の学校の友達タツローが尋ねてくる
お話でした。
第1話で声だけ出てくるともだちタツロー。
一緒に家出をするはずが事件に巻き込まれ
セブンとバディを組むことになる。
それが友達を裏切ることになってしまった。

その本人が登場して事件に巻きこまれる。

ケイタとセブンが助けるが、
ふたりの間に溝が出来ていることに気付く二人。

ココで次回に続くとなる。

怪しげな宗教のさくらとなる男に永澤俊矢登場。

映画「ULTRAMAN」や河瀬直美の「火垂(ほたる)」に
などテレビ・映画多数出演あり。
結構有名なのにこんな名も無いチョイ役で出るとは意外でした。

基本八犬伝をパロッテいるのもなんとなくこの回の
見所でした。


|

« 20世紀少年-第2章-最後の希望 | Main | ケータイ捜査官7 第37話 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ケータイ捜査官7 第36話:

« 20世紀少年-第2章-最後の希望 | Main | ケータイ捜査官7 第37話 »