« January 2009 | Main | March 2009 »

February 2009

February 27, 2009

長髪怪獣「ゲハラ」

長髪怪獣「ゲハラ」
―――――――――――――――――――――――――――
NHKのテレ遊び パフォー!が制作した怪獣映画『ゲハラ』。
脚本:みうらじゅん 製作総指揮:樋口真嗣 監督:田口清隆
24日の深夜24時10分から放送された。

メイキング放映後に約15分の本編放送。

なかなかのもでした。つまり、みうらじゅんさんの呼びかけで
集めたスタッフ、キャストでここまでのパロディを完成させるのは
さすがである。昭和の怪獣SF映画のパロディ満載で台詞の前後が
つじつまが合わなくてもなんのそので強引にラストまでもってくる。
お約束がちゃんと成立しているのでファンはの突っ込みも含めて
作品と化しているのだ。

でもひとつ言わせてもらえれば感動は無かった。
長髪怪獣としたところでバラエティに片足突っ込んでいるのがよくない。
こういうの作ることがパロディなんだから、そこはなんというか
表にださずに作って欲しかった。あの平成ガメラがそうだったように。
なぜ巨大なカメが襲ってくるのか?という疑問をはさむ余地は無かった。
それと同じにで髪の毛については触れなくてよかったと思う。
(難を言えば知ってやってる?意図的にやってる?のかクライマックスの
夜のシーンが暗すぎでよく見えない)

予告編へ続くラスト、ココが見事で昭和の怪獣SF映画のパロディから
平成怪獣映画のパロディになっている。動きやカット割り、編集が違って
いるのだ。ここも素晴らしい。是非ともパート2を作って欲しい。

ところで現在開催中の「ゆうばり映画祭」で明日公開されるとか。
参加者のみなさん是非ご覧なさい。


「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」で上映決定!
・2月28日(土)14:00~ 市民会館3F 入場無料

以下が「ゲハラ」公式ページです。
http://www.nhk.or.jp/paphooo/project/gehara.html#g01

DVDは30分の完全版(デレクターズカットになるとか)

見逃した方への再放送は3月にBSで予定しているとか 要チェック!

| | Comments (1) | TrackBack (1)

February 23, 2009

速報 第81回アカデミー賞

「速報 アカデミー賞」
―――――――――――――――――――――――――――
今年もWOWOWで放送を見ていました。

誰もが驚いたのは「おくりびと」の受賞でしょう。
コレってちょとありえない。
でも兆しはあったんですよね。

というのも「つみきのいえ」が短編アニメで受賞して驚きがあり、
その後も純粋なハリウッド映画を避けるかのような流れが感じられました。


つみきのいえ

まさに「チェンジ」を地でいくかのような感じ。

そして「おくりびと」の受賞!

「スラムドッグ・ミリオネラ」の受賞がつづき作品賞までいくなんて・・・。
アレってハリウッドというより、インドとイギリスの合作ってイメージが強い。

音楽賞2冠も凄い!「ムトゥ 踊るマハラジャ 」の音楽をやっていた
A.R.ラフマーンが受賞するなんて。

ホント、ありえねーって感じでした。

ヒュー・ジャックマンのミュージカルが楽しく、こんな司会者見たことない。
歴代のプレゼンターが登場するのも凄かった。

ジョーカーのヒース・レジャーにもオスカーを贈ったのも凄い。
多分死んだ役者に贈ったのは初めてでは。

あのソフィア・ローレンの迫力、存在感!

まあ、細かい感想はともかくなんか変わってしまったなって感じの
受賞式でした


作品賞「スラムドッグ$ミリオネア」
主演男優賞「ミルク」のショーン・ペン、
主演女優賞「愛を読むひと」ケイト・ウィンスレット、
監督賞は「スラムドッグ$ミリオネア」ダニー・ボイル

| | Comments (0) | TrackBack (0)

祝開催!ゆうばりファンタ2009


今年もちゃーんと開催されます。
よかった、よかった。

でも日本自身が破綻しているから
ゆうばりの破綻なんて話題にならなく
なっちゃいましたね。

復活した映画祭、その町の様子をちゃんと
報道して欲しいものです。

今年もいけませんが応援してます。

■招待作品部門■

02/26 クローズZEROII【オープニング】
02/27 CHANDNI CHOWK TO CHINA (原題)
02/27 ピンクパンサー2
02/28 釣りキチ三平
02/28 マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと
02/28 フロスト×ニクソン
02/28 スラムドッグ$ミリオネア
03/01 チェイサー
03/01 ベッドタイム・ストーリー
03/01 マダガスカル2【クロージング】

春の話題作が早くも見れるのがうれしいですね。
「釣りキチ三平」は期待しています。
アカデミーノミネート作品が2本というもの話題。

CHANDNI CHOWK TO CHINA (原題) が
ボリウッド初の本格カンフー・コメディ&アクション映画とか
ミュージカルになってるのでしょうか?
コレが一番みたい!

私が国王賞に選んだ
「トラウマ」がアーカイブとして上映されるものうれしいです。


以下公式サイト
http://yubarifanta.com/index_pc.php?ct=films.php&langue=21010


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 22, 2009

東京国立近代美術館フイルムセンター

東京国立近代美術館フイルムセンターへ行ってきました。

有楽町から歩いて15分程度、最寄り駅は都営地下鉄浅草線「宝町駅」
東京メトロ銀座線「京橋駅」となります。多分東京駅からもそう遠くは
無い距離です。

少々入りづらい雰囲気のきれいなビルで1階正面に警備員さんがいました。
その後ろがきれいなロビーになっており映画のチラシがいっぱい並んでおり
約30分間釘付け状態でした。

さて仕事で行ってたので本来の目的に仕事場へ戻り夕刻に再訪。
今度は7階の展示室へ。
常設展示として映画の機材が展示されていました。
特に撮影機材として珍しいものが多く、それで撮影された作品の一部を
上映していました。
コニシロクのカラー撮影カメラは日本独自の色の3原色に分解して撮影して
1本にあわせるという手法をとっており、浅丘ルリ子のデビュー作「緑はるかに」の
一部を見ることが出来ました。コレって多分凄い映画だと思います。
当時とんでもなくファンタジー色にあふれた映画で、今では恥ずかしくて
見れない作品です。でもそれが普通に映画館にかかっていたのです。
監督が井上梅次というのもびっくり。
カメラ自体、かなり音がでてうるさく60本程度しか作品が撮られなかった
とか。でも中間色が出るという評価はあったようです。
確かに「カルメン故郷へ帰る」のような色ではなかった。
あれはあれで美しいのですが。

「明治はるあき」という人形映画の展示も興味深かった。
いわゆる操り人形なのだが、明治時代の暮らしを人形劇で見せる映画で
かなり大きな人形をあやつり見せていく。どんなストーリーかは不明だったが
監督は五所 平之助というのが凄い。このセットは「明治村」にあるものを
利用したとか。

手塚治虫の「クレオパトラ」、東映動画「アンデルセン物語」についても
展示があった。

短編の「あこがれ」という無声映画上映も楽しみました。
どうもオチがないのが乗れないところなんですが、田舎の少女が
都会から来た青年にあこがれて去っていった青年を追っていくというお話。
あのあと彼女はどうなったのでしょうか。どうもわるいおじさんに騙されて
いるようにしか思えなかったのですが。

特別展示は無声映画時代のロシア映画のポスター展。
知らない作品ばかりでしたが、珍しいものを見せてもらいました。


残念ながら2階での映画の上映は見られなかったのですが、今やってるのは
1月から2ヶ月間の上映テーマは「怪獣・SF映画特集」。
なんと毎日2本、邦画の怪獣・SFがたった500円でスクリーンで見られるんです。
ゴジラ、モスラ、ラドン、ガメラ、ガッパ、ギララ、黄金バット、透明人間、蝿男、
遊星王子、パイラ星人、スーパージャイアンツ、宇宙快速船、などなどが
日替わりで見られるなんて、夢のような企画です。いいな、東京の人は。

映画ファンなら一度は行くべき聖地のようなところです。
(実際映画館発祥の地といわれているところだそうです)

今度はゆっくり時間を作って行きたいです。

公式サイトはここ
http://www.momat.go.jp/FC/fc.html


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ケータイ捜査官7 第41話

ケイタの成長は喜ぶべきものなのだろうが
セブンの中で何かが変わった、
と感じるお話でした。

ピノキオは何故人間になりたかったのでしょう。
同様にセブンも人間になりたいのでしょうか?

そんな夢のシーンが出てきて考えさせられます。

機械が感情をもって人間になりたがるというのは
人間のおごりではないでしょうか。

こんな感情なんて邪魔なだけと感じることありませんか。
だからこそ人間、されど人間だけどそれに
機械があこがれるなんて・・・・。

仲間、バディという存在、ケイタの何気ない
一言に心が傷ついたセブン。
でもケイタの優しい言葉がセブンの心にも響くラスト。
セブン心の中になにか変化がった。

こんなことは人間にしか起こらないはず。
だから機械の方がいいはずなのだが・・・・・。

一部しか写っていなかったが二人の後ろに
携帯電話ジーン発売の看板が。

量産型のフォンブレイバー?ジーンが一般に販売されるのか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2009

ケータイ捜査官7 第40話

桐原とサードに絞ったお話で
桐原の過去が明かされます。

13年前の殺人事件、
ネットの書きこみにより事件が
表ざたになった。
コピーキャット、いたずらが氾濫する。

真犯人は?

桐原はその殺人事件で生き残った。

犯人に復讐を誓っていた。


「ネットを変えていかなくてはならない」
が今回のテーマ。
ネット犯罪、犯罪に繋がるネットの利用など
世間を騒がしているが、有効な利用もある。
便利で素晴らしいツールである。

そこへ問題を投げかける。

AIやロボットの問題提議とあわせて
ネットワークについても問題を投げかけている
この番組はやはり凄い。

で少々疑問点を、
ケータイ捜査官7の世界は少し未来の世界。
でもまあ2009年の現在とそう変わらない。
そこで13年前というと1996年。
このころのネットはウインドウズ95が出た直後で
インターネットのユーザーもそう多くない。
なので書き込み、掲示板もまだまだ少なかったと
記憶している。

だってその頃わたしはまだニフティ、つまりパソコン通信を
やって情報を集めてたよ。


というわけで少々時代設定が合わないのではないでしょうか。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 13, 2009

二十世紀少年 第二章 最後の希望

「二十世紀少年 第二章 最後の希望」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督:堤幸彦
○出演:豊川悦司、常盤貴子、平愛梨

ともだちの計画が着々と進行中って感じの第二章。
一体これはなんなのか?
話はもう破綻しまくりで何を期待すればいいのか判らなくなってきている。

前作は20世紀に後半に起きた事件をなぞった日本の現代史と
ノスタルジーの融合を目指していたのが判るが、それを飛び越えた
21世紀の物語の展開は一体何を目指しているのか?

大阪万博の再現をCGで行っているシーンは興味深いが
充分出てこない不満が残る。

公開前日のおさらい第一章も見たのだが・・・・。

浦沢直樹原作っておもっきり広げたお話をまとめる力が無いから
破綻してしまう。映画もその道をたどっているように思うのだが
いかがでしょう。

まあ、次回作をみて判断したいと思いますが・・・・えっ結果でてるだろって、
まあそういわずに、楽しめるかも知れないから。


201

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2009

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督:デビッド・フィンチャー
○出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット

直球ストレート、普通の映画でした。
違うのは主人公がどんどん若返っていくということぐらい。
それ以外はアメリカの現代史、第一次世界大戦以後のアメリカ史の
中での男と女の出会いと別れを繰り返していくお話となっている。

「フォレストガンプ」ほどパロディになってはいないが、
どこか雰囲気が似ているかもしれない。しかしここまで
ひねりがないと少々物足りない気もする。

つまり予告で見たとおりの物語が2時間47分で語られるのだ。
予告で3分程度なのでそれを引き伸ばしただけという感じが
するのだ。それがなんとも。

ブラピファンにとっては彼の一番素敵な顔が拝めるまで1時間以上かかり、
そしてその顔が見れるのは1時間程度でのこりは特殊メイクでばかり。

ラストに至ってはこれがブラピ? というような感じで・・・・。

主人公が若返っていくお話は今までに2回映像化されているものを
見ている。どちらも日本の作品で、これらの作品には関連はない様子。
テーマとして面白がでもどの作品も失敗している。

映画「飛ぶ夢をしばらく見ない」
 老女が若くなっていく、男と恋におちていくがどんどん若くなっていく
 女に戸惑い最後は幼児になっても彼女への愛情を捨てられない。
 最後は物語を放棄したかのようなオチで少々期待はずれ。

テレビドラマ「14ヶ月・妻が子供に還っていく」
 薬でどんどん若返る妻を高岡早紀が演じていたがやっぱり話が破綻し
 ていたように感じた。詳細は覚えていないが時々日本テレビでやる
 SF仕立てのドラマ。

ココから先はネタバレになりますが、
最後の赤ん坊になって死ぬシーンまできっちりやってそれで終わりとは
全くのひねりが無くて・・・・・それがまたなんというかもの足りない。
あれ!コレで終わり?って余韻も残して・・・・・なんともいえんね。
おもったより2時間47分は長くは感じられなかったけど。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 11, 2009

感染列島

「感染列島」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督:瀬々敬久  ○出演:妻夫木聡

 私はなぜかインフルエンザには縁がない。
毎年妻や子どもは予防注射しているが、
私はお金がもったいないのでしていない。
毎年大流行といわれているがかかっていない。
別に手洗いやうがい特別に行っているわけでもない。
マスクもしない性質だ。
それで今のところインフルエンザにはかかっていないので
まあ運がいいという奴なんだろう。

(しかしこの原稿を書いているときから調子が悪くなり
微熱が続いて中断してしまった。医者には行かず以前もらった
薬でなんとか自力回復をしたが・・・・まああまりおすすめ
出来ないのですが)

で、映画「感染列島」はなんというか・・・・・
興味深いが面白い映画じゃない。

最初は鳥インフルエンザかと思ったら未知のウイルスで
それがアジアのある国からやってきた来たことがわかり
6ヶ月でなんとかワクチンが出来るまでのお話なのだが、
挿入されるシーン、町の風景がリアリティがない。
いくら人口が減ったからといって3ヶ月程度であれはないだろ。
数年たったような町の荒れようだった。
政府が機能しなくなってくるあたりもじゃあこの舞台になっている
病院はどうやって持たされているのか? 少々おかしい。
電気、ガス、水道はどうなった? 交通は?
何となく説明が入るが、国外に出てまでウイルスを突き止めにいく
ほどの余裕はないと思うのだが。

つまりリアリティのほうは「ブラインドネス」のほうがありました。
「アイ・アム・レジェンド」のような世界までいくほどではないのに
そんな絵を出してくる。
そしてどうも「アウトブレイク」のようなストーリーでいったから
よくなかった。
もっと身近な風邪、インフルエンザとの闘いにしたほうがよかった
のではないか。話を大きくしすぎてまとまりが付かなかった
ような気がする。

ああいうときにも病気にならない人はいて、
コレは俺だなと思ってみていました。

この映画の中で
ウイルスや病気と共存、うまく付き合っていくことが
必要ではないかという台詞がでてくる。
確かにそのとうりかもしれないなとは
思ったがしかし・・・・・もう遅いかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ケータイ捜査官7 第39話

ときどきお笑い編として組み込まれている
作品があってこのシリーズの侮れないところ。

というか気楽に見ればいいのですが
どうも最近のバラエティのお笑いは
私の好みで無いので笑えないから・・・・・。

瞳子がお笑い芸人の卵にストーカーされ
どうしても逃げ切れない。セブンとケイタに
助けを求めてくるが・・・・。

セブンが初めてメディックを装着したが
意味なしというオチあり。

まあこんなときもあります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ケータイ捜査官7 第38話

キカイくんがはめられるお話で
どこか「イーグル・アイ」に似ている所あり。

でも本質はロボット、AIを作ることと
その使い方しだいでよくも悪くもなる
という鉄人28号時代からの考えを
テーマにしたお話でした。

銃社会であるアメリカでも
「T2」でサイボーグをの使い方しだいで
よくも悪くもなると解いていたのと
同じです。

でもね兵器という目的と
AIの使い方とは少々違う。

このあたりの論議が今後必要でしょうね。

というのもこう書いていて
AI
ロボット
サイボーグ
兵器
アンドロイド
などの用語の使い分け難しく
インターネットで結びついたことが
そのラインを曖昧にしてきているなと
感じるからです。

その曖昧ところにセブンたちがいるように
私は感じているのですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2009

エグザイル/絆

「エグザイル/絆」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督:ジョニー・トー  ○出演:アンソニー・ウォン

スゲーッ!カコイイオッサン軍団のお話です。
しびれます。その一言に尽きます。

彼らの過去は1枚の写真でしか語られないのですが、
それで充分に判ります。

香港返還前のマカオ。マフィアのボスを狙った男。
その失敗により命を狙われることに。
命を狙うのはともに身を落としてきた友人4人。

友情のために、彼の妻と子ども助けるために、一肌脱ぐことになるのですが
それが彼らの運命を狂わせることに。

とにかくうまい!

いろんなシーンがあるけど、緊張と緩和、その間の取り方
CGなどで処理していない動き、ガンアクションが素晴らしい。

何でこんなにこのオッサンたちはかっこいいんだと
ため息が出るぐらいだ。

黄金を狙うとかいうのは「冒険者たち」のようで
ラストに海が出てくるのかと思ったがそうではなく、
主人公たちの今と過去が映し出される。

よくある話といえばそれまでかも知れないが、
こんな映画なくなりましたよ。

面白い映画とはこういう映画のことを言うのだという見本。
でも誰にでも作れるわけじゃないんだな。

「インファナルアフィェア」とは又違ってあの巧みなお話の代わりに
アクションで観客を、男を泣かせる作品でした。

見ないと一生後悔します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 08, 2009

007慰めの報酬

「007慰めの報酬」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督:マーク・フォースター  ○出演:ダニエル・クレイグ

 アカン!
前回は渋々認めたが今回はアカン。
コレは007じゃない。ジェームズ・ボンドじゃない。

正月第2弾というのがいやな予感していたんだ。
だいたいタイトルが悪い!何じゃこれって感じ。
「QUANTUM OF SOLACE」って一定量の報酬って意味でいいのかな?
それって恋人が殺された報酬ではなく報復のことだと思うのだが、
それって007のお話だろうか。

前回はこんな007あってもいいかと思った。
アクションの連続、編集が見事だったから。
だから秘密兵器がなくても、英国紳士のようでなくても許した。

でも今回は許せん。あまりに暴力的すぎでアクションが
素直に楽しめないし、短いカットがバラバラにつなぎ合わされて落ち着きが無い。
アクション中心に編集し、1時間40分のランニングタイムは
中身がなくなってしまい、台詞も行動の意味がわからん。

007映画大切な悪役に魅力は皆無、
ボンドガールは死語か!全く魅力ないし
この作品一体どこを見て楽しめばいいのか?

もういいです。昔のボンドに戻してくれ。
少々ゆるいキャラでもいいから。
カッコイイ、最先端の技術を使いこなし、
悪を倒して世界を救うジェームズ・ボンドが
わたしは見たい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »