« ケータイ捜査官7 第40話 | Main | 東京国立近代美術館フイルムセンター »

February 22, 2009

ケータイ捜査官7 第41話

ケイタの成長は喜ぶべきものなのだろうが
セブンの中で何かが変わった、
と感じるお話でした。

ピノキオは何故人間になりたかったのでしょう。
同様にセブンも人間になりたいのでしょうか?

そんな夢のシーンが出てきて考えさせられます。

機械が感情をもって人間になりたがるというのは
人間のおごりではないでしょうか。

こんな感情なんて邪魔なだけと感じることありませんか。
だからこそ人間、されど人間だけどそれに
機械があこがれるなんて・・・・。

仲間、バディという存在、ケイタの何気ない
一言に心が傷ついたセブン。
でもケイタの優しい言葉がセブンの心にも響くラスト。
セブン心の中になにか変化がった。

こんなことは人間にしか起こらないはず。
だから機械の方がいいはずなのだが・・・・・。

一部しか写っていなかったが二人の後ろに
携帯電話ジーン発売の看板が。

量産型のフォンブレイバー?ジーンが一般に販売されるのか?

|

« ケータイ捜査官7 第40話 | Main | 東京国立近代美術館フイルムセンター »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ケータイ捜査官7 第41話:

« ケータイ捜査官7 第40話 | Main | 東京国立近代美術館フイルムセンター »