« ケータイ捜査官7 第44話 | Main | パッセンジャーズ »

March 12, 2009

愛のむきだし

「愛のむきだし」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督:園子温
○出演:西島隆弘、満島ひかり、安藤サクラ

 この映画素晴らしい。
素晴らしすぎて言葉出ません。
3時間57分!(途中10分休憩がありますが)へろへろになってトランス状態になって
劇場を出てきました。
それぐらい凄い、おもろい映画です。

敬虔なキリスト教の家に生まれたユウ。母は他界しその思い出に生きている。
彼にとってのマリア様だ。父は牧師だが変な女に騙され、結婚を迫れる。
やがてその女が去った後にユウは父親から懺悔を強制される。無理やり罪を
作って懺悔するユウ。友人とエロに走って罪を磨く、その方法は盗撮!
女の子のパンツチラを狙って修行に励み、技を極め、盗撮界のカリスマに
なる。しかしユウにとって本当に撮りたいマリア様のパンチラはなかった。
マリア様を求めるユウ。盗撮勝負で負けた罰ゲームで女装して町へ。
そこでチンピラに囲まれていた少女と出会う。彼女はヨーコ。かなりの
喧嘩の達人で彼女もまた背負うものがあった。女装姿でユウはヨーコを助け
二人は惹かれあってしまうがヨーコが心奪われたのは女装姿のユウ、
とっさに出た名前はサソリ。しかしこの二人の出会いにはある新興宗教の
計画があった。

 とここでタイトル「愛のむきだし」と出る!

思わず席から転げ落ちてしまった(本当は落ちなかったけどずっこけた)。

まあ内容があるかないかは別にして展開が奇妙で面白く、今人気?の
携帯小説の毒の部分をちゃんと描いているような内容だ。
実話が元になっているというのだから驚く。

あくまでユウが主人公だが、ヨーコがいい。
彼女はウルトラマンマックスでエリーを演じていた満島ひかり。
「デスノート」シリーズにもライトの妹役で出ていたがいいとこなし
少々残念だった。そのご「プライド」に出ていたが超限定公開のため見ることが
出来なかった。評判いいのにね。

それで、今回のヨーコ役。素晴らしい、強い、かわいい、カッコイイが揃って
コメディもエロもやってしまうのがいい。いつまでもみていたい、そんな彼女の
姿が映し出されるのは後半3時間程度。だけど充分に主役を食っている。
エリーの成長が見ることができてホントよかった。

もうひとりこの相手役、敵?となるのが安藤サクラが演じるコイケ。
非常に印象の残るキャラで、新興宗教の幹部役。なんとも奇妙な笑いで
ユウの家族へ入り込んでいく。なんともいえない味わいのある顔と演技だ。
奥田英二の娘というも納得だ。


テーマは「愛」。最後のカットでコレだけの時間かけて言いたかったことは
これだけ。そのためにだけに時間を費やしているがそこが又素晴らしいのだ。

ラストカットまでパワフルな映像をみなで楽しみましょうね。

|

« ケータイ捜査官7 第44話 | Main | パッセンジャーズ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50812/44313469

Listed below are links to weblogs that reference 愛のむきだし:

« ケータイ捜査官7 第44話 | Main | パッセンジャーズ »