« 大阪アジアン映画祭 | Main | DRAGONBALL EVOLUTION »

March 19, 2009

ケータイ捜査官7 第45話

最終回です。

ゼロワンのラムダチップ=心を得て
ジーンの覚醒が始まります。

爆発的に増えたジーンはそれぞれが
AIと結合しAIの集合体となります。

フォンブレイバーフォースの
ウイルスをもってサードは戦いに挑みますが
破れ、セブンとケイタが最後の望みとなります。

我々のように徐々に成長すれば判りあえた
はずだというセブンの言葉印象的です。

進化しすぎたジーンにとっては人間は
駆逐すべきものでしかない判断するのです。

あまりに人間に近づきすぎたジーンは
人間そのものの姿だったかもしれません。

セブンはそのジーンを自分の中に取り込み
自滅してゆきます。

ケイタとの心の絆が彼らを勝利に導いたのですが
フォンブレイバーセブンの姿は無くなってしまいました。


監督三池崇史がきっちりラストも締めてくれました。

いいラストです。苦いハッピーエンドもあります。
それをみをもって教えてくれたのです。
昔から子どもはこういう作品で大人の世界、
人間の苦しみ悲しみを疑似体験してきたのです。

ほんといいラストでした。

今回のゲストは一瞬ですが谷村美月ちゃんが出てました。
大阪のジーンが覚醒するシーンです。

恐怖演出が凄かった。サブミニナル効果でジーンが人間の
脳の機能を停止するなんて、こんな攻撃見たこと無い。
ゴールデンタイムのギリギリの演出だと思いますが
「リング」を見ているようで面白かったです。


まあこれで終わりです。

出来れば映画版とか期待したのですが
そんな方向へ行かなくていいです。

このまま終わってもらったほうがけじめがあっていいとも思います。


全45話、何とか全ての感想かけました。
読んでいただいた方ありがとうございました。

|

« 大阪アジアン映画祭 | Main | DRAGONBALL EVOLUTION »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50812/44394564

Listed below are links to weblogs that reference ケータイ捜査官7 第45話:

« 大阪アジアン映画祭 | Main | DRAGONBALL EVOLUTION »