« 釣りキチ三平 | Main | チェンジリング »

April 08, 2009

ワルキューレ

「ワルキューレ」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督:ブライアン・シンガー
○出演:トム・クルーズ、 カリス・ファン・ハウテン

 面白くない。ブライアン・シンガーに期待したのだが・・・。

お子様映画が並ぶ中で大人の鑑賞にたえる、男の映画って感じがするのだが
しかし、お話の運びがイマイチはじけない。
はっきり言ってこの作戦失敗するのは誰もがわかっている。
あんなところでヒトラーは死ななかった。
誰もが知っている歴史的事実をそのまま映画にしてもおもろないやん。
そこは映画のはったりをかまして欲しかった。
スパイ映画を見るようなサスペンスが欲しかったのた。
たかが映画、嘘ついていいんだから。

最初のヒトラー暗殺のための爆弾を仕掛け、失敗に終わり、回収に行くシーンの
が一番面白かったね。

あと、損をしているなと思うのが「ワルキューレ」が作戦の名前になって
コレが映画のタイトルになり、あの曲がかかる。

悪いけど今あの曲を聴いても「地獄の黙示録」しか思い出さん。
それほどあのシーンは偉大で、映画「ワルキューレ」はコレを越える印象を
残せなかったのだ。

ところで、トム・クルーズの奥さんを演じていたのが「ブラックブック」の
カリス・ファン・ハウテン。あの最後までナチと戦ったユダヤ人を熱く演じた
女性だ。今回は全くいいところなしでいい奥さんを演じていた。
そうかポール・バーホーヘンが「ワルキューレ」を監督していたらもっと
面白かったかも知れない。

|

« 釣りキチ三平 | Main | チェンジリング »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ワルキューレ:

« 釣りキチ三平 | Main | チェンジリング »