« 名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー) | Main | スラムドッグ$ミリオネア »

May 18, 2009

グラン・トリノ

「グラン・トリノ」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督:クリント・イーストウッド
○出演:クリント・イーストウッド 、ビー・バン 、


 前にも書いたけどイーストウッドの映画とは肌が合いません。
この映画決して悪い映画とは思わないけど、あの決着のつけ方好きじゃないです。
あの幕引きが見事だとの意見はあるようですが、なんかイヤだな。

ネタバレになりますが、主人公が死んで終わる映画って、しかもあの死に方は、
私は好きじゃない。

イーストウッドが演じる朝鮮戦争の帰還兵ウォルト・コワルスキーはフォードで車を
作っていて、庭を大切にし、家のことは自分でなんでもできる男。
アメリカそのもので、ダーティハリーが隠居したらああなるのかという感じがした。
そのとなりに東洋人が引っ越してくる。中国人?べトナム人?とわけが判らない
人種だが、そういのも受け入れてきたものアメリカそのものの姿で、仲良くなっていく。
だけどその関係に黒い影が迫る。

この映画は今までのアメリカの姿、歴史を映画にし、未来の姿までも映し出している。

その流れに従うしかないのかもしれない。
それが自然というものか。
白人が支配していたアメリカは今に黒人、東洋人に支配されちゃうかもね。
それもありか。

そんなことを感じさせる映画だ。

ただ私としては頑固親父のパワーを見せ付ける強いアメリカの姿を最後にみせて
くれるほうがハリウッド映画らしいと思ったし、そういう期待をしていたのだが。

ほんとうにイーストウッドはこれで幕を引くつもりなのだろうか?

|

« 名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー) | Main | スラムドッグ$ミリオネア »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference グラン・トリノ:

« 名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー) | Main | スラムドッグ$ミリオネア »