« グラン・トリノ | Main | チョコレート・ファイター 再び! »

May 19, 2009

スラムドッグ$ミリオネア

「スラムドッグ$ミリオネア」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督:ダニー・ボイル
○出演:デーヴ・パテル、アニル・カプール、イルファン・カーン


やはりコレはアカデミー賞を受賞する映画ではない。
監督がダニー・ボイルということを除けば全くのインド映画だ。
だけど歌と踊りが弱いから中途半端なインド映画に見えてしまうが、
インド映画だ。これが映画界の最高の賞、作品賞とるとは。

きっとコレはインドの経済が力を持つようになり、ハリウッドでも
金で票を獲得することが出来たという現れではないか。このままいくと
今度は中国映画アカデミー賞をとることになるのではないか。
そこまで落ちぶれたかアメリカは!ハリウッドは!となるような気がして
ならない。(注:私の勝手な思い込みです)

主人公の人生がなぜかクイズの答えとシンクロしているという展開は
面白く、このアイディアはアメリカで再映画化されてそれからアカデミーと
言うのが今までの流れのように思う。
(例:インファナル・アフェア→ディパー・テッド)

ラストの昇りつめた弟と地獄へ落ちた兄の対比は面白いがいい印象が残らない。

彼はあのお金を何に使うのだろうか?


ところでこの映画、テレビで放映するときのクイズの司会の吹き替えはやっぱり
みのもんたがやるのだろうか?
出来そうだけど・・・・・・やっぱやめて欲しいな。

でもこの内容そのまま放送できないね。


ところであの子役はみんな本当にスラム住んでいるらしいが、先ごろ家が取り壊され
当分住むところがないらしい。
アカデミー賞を受賞した映画の子役たちがこんな生活状況とは信じられない。
どうも彼らにはお金が行っていないみたいだが・・・・そんならまるであの映画の中に
出てきた子どもを使って金儲けしている元締めみたいじゃん。
なんとか出来ないものか・・・それなりに映画を楽しませてくれたのに心が痛い。
私の払った映画代がちゃんと彼らのところまで行くように祈る。


以下朝日新聞のサイトより

「スラムドッグ」の子役ら、ホームレスに 市が住居撤去
【ニューデリー=武石英史郎】インド紙タイムズ・オブ・インディア(電子版)によると、インド西部ムンバイの市当局が14日朝、米アカデミー賞で8部門を受賞した映画「スラムドッグ$ミリオネア」で子役を演じた約20人の子供たちが住むスラムの住居約50戸を撤去した。

 中心人物の子供時代を演じたアザルディン・イスマイル君(10)は「行く場所がなくなり、暑い中、路上にいるしかない。今日は食事も食べられるかどうか分からない」と沈んだ様子で話した。

 市当局者は、雨期が始まる頃(6月上旬)までには、代わりの住宅が与えられるかもしれないと話している。受賞後、地元州当局は、主役級の子供たちに住居を提供すると約束したが、まだ実現していないという。

http://www.asahi.com/international/update/0515/TKY200905150035.html

|

« グラン・トリノ | Main | チョコレート・ファイター 再び! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference スラムドッグ$ミリオネア:

« グラン・トリノ | Main | チョコレート・ファイター 再び! »