« 劔岳 点の記 | Main | レイジング・フェニックス(原題) »

July 20, 2009

富士山頂

「富士山頂」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督:村野鐵太郎
○出演:石原裕次郎 勝新太郎、渡哲也

「劔岳 点の記」と同じ新田次郎原作の本作は1970年の石原プロの作品。
石原裕次郎の23回忌で放送された。未DVD化でTV放映も2回目とレアな
作品。映画館で見て欲しいというのが理由らしいがしかし見られなければ意味ないじゃん。
いまだにそんな理由が通じるのか?だから「黒部の太陽」はTVで見られないのか?
もっと開放してもいいのではないですか。

でもって放映の時にはカットするのだから意味わからん。128分の映画らしいが
放映時間から20分はカットしているかな。そんなに大事な、大切な、貴重な作品
ならノーカットできればノーCMで放送しろよ。

しかし映画はそれだけ自信のあった作品なのだろう。「劔岳 点の記」と同じくらい
本物の魅力にあふれていた。1970年当時はそれが当たり前だったといえばそれまで
だが、どうやら富士山まで行って撮影も行っているらしい。

そして男たちがカッコイイ。今、こんなにカッコイイ男、大人の男がいない。
「エグザイル」のときにも思ったが映画スターでカッコイイ大人の男がいないのだ。

お話は「プロジェクトX」でも取り上げられた富士山頂にレーダー基地を立てるお話。
天気予報を行い台風の接近をいち早く察知して災害に備える、その過程の苦労話だ。
日本の産業を支え、栄えさせたのはああいう人たちだったとあらためて思った。

「劔岳 点の記」と「富士山頂」はいいタイミングで見ることができたと
思っている。


|

« 劔岳 点の記 | Main | レイジング・フェニックス(原題) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 富士山頂:

« 劔岳 点の記 | Main | レイジング・フェニックス(原題) »