« アバター 予告編特別試写会 | Main | 劇場版ヤッターマン 新ヤッターメカ大集合!オモチャの国で大決戦だコロン! »

August 25, 2009

ノウイング

「ノウイング」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督:アレックス・プロヤス
○出演:ニコラス・ケイジ

ニコラス・ケイジなんか好きじゃないのになんか見てしまいます。
私の好みの映画にこいつがいつもいるような気がします。

で、「ノウイング」ですがほぼ全国上映が終わったのでネタバレありで行きます。
DVDで楽しみにしている人はご注意ください(あんまりいないと思うけど)。

この映画評判があまりよろしくなかった。
でも私はこのごった煮感覚嫌いじゃありません。

 オカルト調のスタートから変な数字の羅列が登場。それから50年後の
現代でタイムカプセルから掘り起こされるその数字。一見意味はなさそうな
数字からニコラスパパは意味を読み取ります。
子どもがもらったタイムカプセルのプレゼントだったのですが
子どもが受け取るということにも実は意味があって・・・・。
数字から読み解くとそれは大惨事の日付の記録だった! 阪神大震災の写真も
9.11も出てきます。そしてそこにはこれから起きる大惨事も・・・・。

飛行機の墜落、地下鉄の暴走など見せ場続き、オカルト→サスペンス→パニック
映画になっていきます。何の映画見ていたんだっけ?

忍び寄る影がありその数字を書いた少女のその後を調べるニコラスパパ。
その忍び寄る影は宇宙人だった!えーっこれってSF映画だったのだ。

子どもたちを連れて行こうする宇宙人。そこになにか悟ったような雰囲気が。

各地の災害が拡大し、太陽フレアの影響とわかる。もう死ぬしかないと心を
決めるニコラスパパ。そのとき世界各地からUFOが子どもたちをつれて
地球を脱出。選ばれた人類は生き残ったのだった。

最後に新しいアダムとイブの姿が映し出される。

SFファンタジーとして終わるこの映画、おいおいといいたくなるが
怒ってはいけません。

でもね、あの大惨事、知っていたならタイムカプセルに入れるのじゃなくて
判りやすく教えたれよと宇宙人に突っ込みたくなるのですが
それはいわずもがなですね。

次は年末に「2012」っていうデザスタームービーが年末に来ます。
こちらは正統派のようです。大惨事が見せ場で楽しみなのですが予告で
あんなに大陸は傾かんだろって画面に突っ込んでしまいました。

こういう映画はそうやって楽しみましょうね。


|

« アバター 予告編特別試写会 | Main | 劇場版ヤッターマン 新ヤッターメカ大集合!オモチャの国で大決戦だコロン! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ノウイング:

« アバター 予告編特別試写会 | Main | 劇場版ヤッターマン 新ヤッターメカ大集合!オモチャの国で大決戦だコロン! »