« HACHI約束の犬 | Main | 九月に降る風 »

September 30, 2009

サブウェイ123 激突

「サブウェイ123 激突」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督:トニー・スコット
○出演:デンゼル・ワシントン、ジョン・トラボルタ

 旧作は見ていないが名作だそうで、一度みたいとは思うがこちらは
二度と見ないだろうな。

無駄なアクションが多すぎ!

TVドラマの「24」の24時間をさらに短く1時間で決着をつけようとして無理が多く、
また、ジャック・バウワー?のまねのようなジョン・トラボルタがわめきちらし
それで終わってしまう映画。

デンゼルの家族との絆のようなものがちゃんと描けていないので、全体が中途半端
になりラストに牛乳を買って帰る彼の姿になにも感じないのだ。

 それを無駄なアクション、つまり現金輸送で交通事故を起こすシーンは
何の意味がある? 劇中でも言っていたがヘリ使えよ。
推測だが、「交渉人真下正義」をスタッフが見たのではないか?
それをみてから「サブウェイパニック」を見直してリメイクを思い立った。
のではないか?
元が同じなのでなんともいえないが、きっかけにはなったように思うのだが。

まあ、せわしない映画でした。

|

« HACHI約束の犬 | Main | 九月に降る風 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サブウェイ123 激突:

» 「サブウェイ123 激突」★★★☆ トラヴォルタの一味違う悪役が見ドコロ [白山のヨロズ帖]
「サブウェイ123 激突」観てきました! 水曜日恒例の「映画観たい病」で今週は何観ようかなーーと思っていたんですが、なぜか観る予定の... [Read More]

Tracked on October 06, 2009 03:50 PM

« HACHI約束の犬 | Main | 九月に降る風 »