« 同窓会 | Main | 祝チョコレート・ファイターDVD発売! »

September 12, 2009

劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー

「劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督:金田治
○出演:井上正大 、村井良大 、森カンナ

 さて、早くに見ていたのですが、書けなかった仮面ライダーです。
私は仮面ライダーファンではなかった。等身大ヒーローよりは
巨大化ヒーローのほうが好きでゴジラ→ウルトラマンとすすみ、
東宝のお行儀よさが好きでした。東映はやっぱり少々荒っぽい
気がするので好みではなかった。

でもだらだらと何でも見るのが我々の子どもの時代のテレビの見方で
仮面ライダー1号、2号、V3、Xライダー、アマゾン、ストロンガー
ぐらいまでは見ていました。さすがにスカイラーダー、スーパー1の
時代はうわさだけで、何故仮面ライダーが空飛ぶねんとぼやいていました。
ブラック、ブラックRXは後にアメリカにわたり有名になったことは
聞きましたが全くの守備範囲外。真、ZO、J、はほとんど記憶にありません。
この頃になるとビデオ作品や劇場版単発作品となっており、
追っかけられませんでした。
その後平成シリーズがスタート。クウガ、アギト、龍騎、555(ファイズ)、
ブレイド、響鬼、カブト、電王、キバ、そして現在のディケイドと
なるわけですが、そのディケイドは10周年ということで今回のTVシリーズで
過去を振返りながらそれぞれの世界を旅するものとなっています。
平成シリーズは真剣につくりすぎて面白みがなく、途中でリタイアすることも
多かったのですがなんと7割がたは見ており、今回、もっと真剣に見ておけば
よかったと反省しました。

さて今回の映画、面白かったです。中身がないのが気になりますが、
仮面ライダー同士が戦って、戦って迫力のある展開を見せてくれます。
なのでショッカーが出てくるのですが、あまりなんにもしません。敵と
決まっているので後は戦うだけです。ラストみなが集まって大決戦となるのは
ほんと凄い。笑えるし感動モンです。
そして大ラス、仮面ライダーXに出ていたキングダークが登場。これは
巨大ロボットでXが口に入って倒した奴なんですが、今回はディエンドの連れてきた
仮面ライダーではおきて破りのJが登場。そう巨大仮面ライダー。
JはジャンボのJ。コレがキングダークと一騎打ちかと思えばディケイドが
ベルトになってJに装着変身。すべてのライダーがカードになってお決まりの
ライダーキック!

ココで泣かないお父さんはいない!というような感動的なシーンでした。

全ライダーのライダーキックと合わせて名シーンとなっています。

テレビ版は8月で終了。中途半端な終わり方で、12月に劇場版で決着が付くということで
これまた劇場へ行かねば・・・。

今度はテレビシリーズ中心の話になりますが、いろいろ面白いことに気付いたので
メモ程度にご披露します。

「仮面ライダーディケイド」は9つの世界をめぐるのですが、後半妙なことに
なってきます。9つ以上の世界があることがわかるのです。そのひとつに
「侍戦隊シンケンジャー」の世界がありました。仮面ライダーのいない世界です。
日曜朝7時半からのこの番組にディケイドが侵入、2回にわたって放送されました。
実は全英オープンゴルフの放送で7時半からのシンケンジャーの放送がないときに、
ちびっ子へのプレゼント企画として放送されたようです。前代未聞の出来事です。
でも内容はしっかりディケイドの1エピソードになっていました。またその次の週は
シンケンジャーとディケイドの連携が感じられる1時間となっておりこれも面白い
企画でした。

平成シリーズを一回りしたディケイドは旧作シリーズへ舞台を移すのですが、その作品は
「仮面ライダーブラック」と「ブラックRX」の世界。なんと倉田てつをが
そのままブラックを再演しました。今まで役者は変えていたのにココだけは
オリジナルキャストを引っ張ってきたのです。

もう一本は「仮面ライダーアマゾン」。仮面ライダーシリーズでも奇抜なシリーズで、
大切断という必殺技が少々スプラッタしていました。平成版アマゾンはその点を
押さえて演出していました。今風ではあるのですが、それが妙な感じでした。

こんな風に脱線(とはいえないかもしれませんが)するのがアリなら、
もっといろんな世界にディケイドが行って欲しかった。
たとえば「美少女仮面ポワトリン」の世界とか「人造人間キカイダー」の世界なんて
どうでしょうか。以前「有言実行三姉妹シュシュトリアン」にはウルトラマンが
出たという例もあるので、やる気になれば何でも出来そうです。
「快傑ズバット」の世界なんてのもいいな。

 ですが残念なことに「仮面ライダーディケイド」は8月末で放送を終了してしまい
ました。9月からは映画にもゲスト出演した「仮面ライダーW」が始まります。
アシュラ男爵のように半分色が違うライダーです。中途半端にTVは終了し、
続きは映画へとなったディケイド。それには大人の事情があったとにらんでいます。

いろんなヒーローを競演させることにより人気の出た「仮面ライダーディケイド」ですが、
その原点は最初の仮面ライダーシリーズからありました。
「仮面ライダー」には1号登場後に2号が登場、共同で戦う話も
出てくるのです。コレは1号の主役の藤岡弘が怪我をしたために2号を
出すという苦肉の策で、それが視聴率を稼ぐことになりました。

ちなみに1971年4月3日に「仮面ライダー」の放送が始まり、
その前日に「帰ってきたウルトラマン」がスタート。
「帰ってきたウルトラマン」はもちろん見ていましたが、
「仮面ライダー」はノーチェックでした。
(凄い歴史のスタートの時点に立ち会っていたことになります。)
途中から「仮面ライダー」を見るようになり、V3時代には3人のライダーの
競演を、ウルトラ兄弟の競演と同ように面白がってみていました。
仮面ライダーシリーズは世界観が同じで、他のライダーを出しやすいつくりに
しており、視聴率が稼ぐことができる設定を構築し、維持していたようです。

つまり<ヒーローが競演すれば視聴率がとれる>

この法則がこのときに出来上がりました。その発展系が「ゴレンジャー」のような
戦隊ものでしょう。
「仮面ライダー」のこの法則が今回ディケイドで復活、それが映画にまでに発展した
ということになります。
「仮面ライダーディケイド」では過去の役者にこだわらず、
イケメンを大量生産しています。これは最近の仮面ライダーシリーズの傾向で、
この柔軟性がストーリー展開の幅を広げ、物語を面白くしていきます。
平成ライダーシリーズはシリーズの中で個性的なライダーを生み出し、競演させて
いましたが、ディケイドで旧作、従来のライダーをリサイクルするという昭和シリーズ
の法則を復活させて融合させたといえます。つまり役者にこだわらない展開がここで
生きてきたのです。

コレはキャラ商品を販売する必要性から生まれたのではないかと思っています。
1年で賞味期限が来てしまうヒーローをうまく長生きさせる手法として有効だと
思われます。また今回は大胆にも8月で一旦番組を終了させ、
9月から「仮面ライダーW」を登場させます。コレは映画にもゲスト出演
して印象付けしていました。9月スタートということは3ヶ月かけてクリスマス商戦
に間に合わせるという意味があります。その後正月で終わっていたライダーシリーズを
来年まで延ばすことができ、多分来年の夏の映画と組み合わせてキャラ販売ができる
という算段でしょう。
従来は戦隊ものとスタート時期が重なり、混乱が大きく、また正月を過ぎれば売れない
という現象がありました。これを解消させたということだと思いますが、
もうひとつ理由として多分「戦隊もの」と「仮面ライダー」の年齢層が重なってきたこと
が原因ではないでしょうか。
従来「仮面ライダー」は小学生以上がメインターゲットだったと思います。しかし
「電王」で対象年齢を下げた結果、大ヒットし独立したシリーズで人気を得ました。
ここから小学生はますます離れ、幼稚園児にターゲットが移り、従来から幼稚園児を
ターゲットにしていた戦隊ものと人気を二分するようになったと思われます。
そうなると、キャラ販売、放送上の力点の置き方、そのためのパブリシティの展開など
重なるとお互いが客の取り合い、紙面の取り合いが発生し自滅しかねません。今や
メディアミックスは各社利益を上げるために必死ですから。
そこで時期をずらしてお互いに譲り合い、マーケティング展開が出来る体制を
構築したのだと思われます。全てが商売にむすびついているんですね。


長々と書いてきましたが、あの時藤岡弘が怪我をしなければ、
こんな風になっていなかったかもしれません。


*「帰ってきたウルトラマン」でもセブンやマンは登場しますが、
多分仮面ライダーの影響を受けての登場ではなかったかと思います。
ウルトラ兄弟の構想はもともとあったようですが・・・・。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

|

« 同窓会 | Main | 祝チョコレート・ファイターDVD発売! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50812/46185964

Listed below are links to weblogs that reference 劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー:

« 同窓会 | Main | 祝チョコレート・ファイターDVD発売! »