« September 2009 | Main | November 2009 »

October 2009

October 29, 2009

情事の履歴書

「情事の履歴書」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督:若松孝二
○出演:千草みどり、寺島幹夫
 東京に行く機会があり、東京国際映画祭で何か1本見ようと思ったが甘かった。
チケットは手に入らずに帰りの新幹線にまでに間に合う映画を探してみたのがこれ。
先日からのピンク映画の流れでちょうどいい選択となった。

1965年の国映製作のピンク映画。1965年といえばピンク映画の黎明期。
(1962年の「肉体の市場」が最初とされている)
なのでなんか制限が多くて全くピンク映画らしくなかった。乳首が出てこない。
Hシーンも不自然なカットで・・・・。

東北の雪深い農村でレイプされた少女が東京の赤線へ売られ(といってもこのとき
もう赤線はなかった)のしあがっていく様を描いている。
或る男が殺されて、その容疑者として取調べを受ける女。その過去が語れるがそれは
とても悲惨なものだった。

女を見る目が非常に差別的で、出てくる男は皆女性を見下している。
しかし疑いの晴れた女は堂々と警察を後にするところに本来の女の強さを感じる
ことが出来るのだ。

この時代はこうだったと一言で片付けてはいけないのかも知れないが、
今とはかなり違ってきているのは事実だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 28, 2009

婦女暴行事件 不起訴

「婦女暴行事件 不起訴」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督:渡辺護
○出演:日野繭子、大杉漣、風間舞子
 PLANET+1で見たもう1本が「婦女暴行事件 不起訴」(‘79)。
監督自薦のベスト1で約20年ぶりの上映になるとのこと。

 無軌道な若者たちを描く非常に暴力的なSEXを描いている。それが
映画としてやはり挑戦的であり、低予算で手作りのプログラムピクチャー
として観客へ訴えかけるものが感じられる映画でした。

 3人の若い男たちの一人が女の子を連れ出し、後に2人と合流して犯し、
まわしていく。レイプという言葉ではなく婦女暴行として表現される時代、
女は恥ずかしさ、世間体で訴えることが出来ないとされていた。そこにつけこんで
好き放題やっていくのだが、やがて3人の間に不協和音が生まれる。

 最初に犯された女性が妊娠し、3人うちの1人と結婚したいと言い出すのだ。
あとの2人は彼女の罠にはまり逮捕されることになる。

 この展開少々信じがたいところがあるが、女がまだ男の後ろについてあるいて
いた時代、いや、男の勝手が許された時代を物語と見るべきか。映画の内容の
善し悪しはあると思う。

 しかしなんと言ってもこの映画の魅力は、その手触り、感触が映画というものを
感じさせる作品で最近の映画には感じられないものがある。

 ところで大杉漣さんは中年のオッサンをちょい役で演じていました。まさかこの後
あんな大スターになるとは・・・・ですね。
ちなみに「変態家族兄貴の嫁さん」(‘84)はこの作品の後となります。

PLANET+1の今回のラインナップ 
「紅壺」(’65))「ブルーフィルムの女」(’69)「15代の売春婦」(’71)
「カマキリ女秘書」(’84) 「異常快感24時」(‘85)
保存が難しいピンク映画でよく残っていました。タイトルが今のピンク映画より
意味があって覚えやすいですね。今回は見ることが出来ませんでしたが、
機会があれば見たいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 27, 2009

素肌が濡れるとき

「素肌が濡れるとき」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督:梅沢薫
○出演:真湖道代、野上正義
 PLANET+1で古いピンク映画の上映があったのでいってきました。
体調の加減もあり見れたのは2本ですが、貴重な作品が見れたと思っています。
「素肌が濡れるとき」(‘71)はどこかの田舎から出てきた男がホストになり
女の相手をしながら金が全てとお金をため、次々に女を捨てていく話。
しかし、自分と似たような境遇のトルコ嬢と出会いお金を抜きに身体を重ねる
ようになるのだが、というお話。
 最初のシーンが海とホテルの白パン一丁の男が延々と映し出され、その後に続く
太鼓と妙な数組のカップルのHシーン、こんなの延々と見せられるのか?という
スタートで少々戸惑いましたが、その後は普通でした。
あんまりこういった性風俗に詳しくないのですが、当時こんなんだったの?
というところが興味深かったです。
例えばトルコって絶対Hがついていたかと思っていたのですが、拒否している
シーンがありました。ホストクラブの今とはずいぶん違う印象で、男同士のHな
シーンまで出てくるという、70年ごろの性風俗を知るにはいい作品かも知れません。
70年といえば万博の年。誰もが幸せだったわけではなく、こんな生き方をしている
人もいたのだと同時に、こういう映画を見る人たちも確実にいたのだと感じ
させられました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

私の中のあなた

「私の中のあなた」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督:ニック・カサヴェテス
○出演:キャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン、アレック・ボールドウィン

 最近映画を見るテンションが下がりっぱなしで、このメルマガも遅れぎみ。
ほんとうに見たい、いい映画がないという状況が続いています。
見れば結構いいのかも知れませんが、そこまでの気持ちにさせてくれないのです。

 アメリカでそこそこのヒットを飛ばした「私の中のあなた」ですが
この秋唯一の見たかった映画です。設定がかなりアメリカ的で主人公が少女と
いうのがいいです。でもこの邦題、いいなと思っていましたが原題のほうが
やはりよくこの映画を表しています。「My sister’s keeper」が原題。
「私の姉を維持する者」と訳せばいいのでしょうか。

維持する者は妹のことですが、この妹アナと姉ケイトだけのお話になっておらず、
家族全員、一人一人が病気のケイトへの思いを語る形式になっていました。

アナは自分が姉のために作られた、生まれてきたドナーであることで、
親を訴えることになるのですが、それには深い理由があったという物語です。

家族の絆を維持しながら必死にケイトの看護をする母サラをキャメロン・ディアスが
演じていますが、初めてこの人演技がうまいと思いました。もともとが
かるーい映画から出てきたのでそんなイメージがあったのですが、それは昔のこと
でしょう。

 もう少し泣ける映画になっているかと思いましたが、そういう方向はほどほどに
家族の崩壊と再生をえがいているいい映画でした。

 しかし、面白い国です。姉のために人工授精して生まれてきた子どもを
ドナーとして姉の命を長らえさせるために数々の処置、手術をうけさせて、そのことで
子が親を訴えるとは。それがこうして本や映画になる。単純なお涙頂戴映画になって
いないところがどこかの国の量産され、タイトルも覚えていない難病ものとは違う
ところです。

たまにこういうアメリカ映画に出会えると、まだアメリカは大丈夫かと思えます

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 10, 2009

火天の城

「火天の城」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督:田中光敏
○出演:西田敏行、福田沙紀、大竹しのぶ、椎名桔平
悪い映画ではなくてよかったと見始めには思っていたが、どうも後半がいけません。
そしてあんな終わり方とは・・・・・。

最初に「幻の城」とネタをふっておいて、戦国時代のプロジェクトXが始まるあたりは
なんとなく期待をさせます。椎名桔平の信長が少々気になるところですが、そつなく
なんでもこなす西田敏行が岡部又右衛門を演じまあ見ていられるなと思っていました。
プレゼンのコンペがあって岡部又右衛門に決定するあたりは、今風のビジネスと変わら
ないというか、そういうストーリー展開にわざとしている
のでしょう。材料を求めて敵地の木曽へ。ココで、木曾義昌役で笹野高史が出てくる。
これはミスキャスト。NHK大河ドラマ「天地人」でこの前まで豊臣秀吉を演じており、
コレが結構印象が強かった。逆にこちらの秀吉は印象が薄い! さてなんとか材料の調達
も出来る見込みがたって建築が大詰めを迎える。
まあ他にも敵の妨害やアクション、CGスペクタクルシーンなど、なんやかんやあって
城は完成。このお城はライトアップされたという。コレ本当かな?

 ここで終わってしまうとは思いませんでした。
だってネタをふった「幻の城」の謎解きがまったくないのだ。3年で焼失したそれはなぜか?
そこを描く必要があるのでは。
 それにせっかく信長が出ているのだから「本能寺の変」まで描くべき。
安土城完成が1579年。3年後、1582年の「本能寺の変」の後に主を亡くした城が
焼失したとされているのだから、そこまで描かないと。

敵方の築城妨害とか、政治的な陰謀、策略がめぐらされるなかで、それらといかに戦い
城を完成させ、そしてその夢は崩壊していったのか、そんな映画を期待していたのに・・・・。

ラストに炎上する城が見れるから「火天の城」と名がついていたのかと思っていました。

あと、化けもののような城という台詞をもっと絵で表現して欲しかった、
天主のあの奇抜なデザインの元となったのはなんだったのか? 
人の数や材料の量、手間、時間、その規模が全く映像から伝わってこなかった。
ただ、安易なCGは使っていなかったと思う。かなり部分本当に作業をやっているのが
映しだされていたし、群集シーンでは出来るだけ多くの人を集め、さすが東映時代劇と
いう絵作りのこだわりは感じられた。しかしこれがこの作品全体のスケール感に
繋がっていないのが残念だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 09, 2009

コネクテッド

「コネクテッド」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督:ベニー・チャン
○出演:ルイス・クー、バービー・スー、ニック・チョン、リウ・イエ

 おもろい映画とはこういう映画をいう、その見本的な作品。
大満足の香港映画です。まともに米映画「セルラー」の版権を買って香港で
リメイクしたことを売りにしていますが、そんなことはどうでもよく、
本家よりココまで面白くなるか!という展開で素晴らしい!

なのにこの公開のされ方はなによ!もっと正念入れて公開したらどうなの。
大阪では1館で朝とレイトのみ。神戸行ってもほとんど1日2回上映。
あと12月に京都のみ。これではヒットする映画もしないよまったく。
見に行く時間作るのにどれだけ苦労したことか、まったく。

 始まりはある誘拐から。ロボットの設計をやっているシングルマザーのグレイス。
娘を学校に送った後に誘拐され監禁される。そこには外に繋がる電話があった。
電話はもちろん壊されたが、なんとか修理して繋がるように。繋がった先は
アボンという名のシングルファーザー。子どもが海外留学に行くのを送りに
空港へ急いでいる途中だった。電話の内容を信じていなかったアボンだったが
とりあえず交通課のおまわりさんへ連絡、そのおまわりさんは元刑事のファイ。
或る事件で降格処分となっていた。やがて彼らを巻き込んで巨大な悪が姿を
みせることになる。

オリジナル作品でも突っ込んだのだが、電話を壊すのはいいが、その前に
監禁するのに一人するなよ。監視をつけてしばっておけよ。ココがそのままだった。
これじゃ犯人マヌケだよ。だけどそんなささいなことが後半どうでもよくなってくる
のが香港映画のいいところ。
無駄なアクションがたくさんあっても観客を喜ばすための演出なので許せてしまうし
なんといってもバカみたいなありえないCGが出てこないのがいい。昔見た香港映画の
身体を張ったアクションのオンパレードなのだ。だから元刑事のファイの顔が
リー・リンチェイに見えて仕方がなかった。もっとクンフーアクションを見せて欲しかった。

ケータイ(ネット)で繋がっていることにより助かったという本作のネタはアクション
でも最後に生かされており、悪の親玉との一騎打ちで空港の倉庫での戦い。倉庫の高い
足場で死闘、アボンは足に梱包用の網が引っかかる。足がもつれて堕ちる。が同時に
悪者の足にも網が、バンジー状態だったが、悪者の足には網、つまりネットが綱がって
おらず落下、床にたたきつけられる。ネットに繋がっていたアボンは九死に一生を得る。

という遊びが楽しい。

グレイスとアボン、お互いシングル同士ということや、パパとしてのアボンが息子の
信頼を回復するところなども平行して描かれ、そして元刑事ファイの心の内の問題までも
解決してしまうラストはお見事!

まあ、昔から勝手にパクッて映画を作ってきた香港映画ですが、そのパクリ方も
単にまねをしただけでなく、ちゃんと消化されて自身の映画になっているから面白かった。
それを再びやっているだけなのだ。

でも面白い。
だから面白い。
そしてもっとこんな映画を見てみたい。

今あるCGだの3Dだのの映画はありえないアクションシーンを並べているだけの
映画は本当に退屈で、退屈で、もう見る気がしない。いい加減に
して欲しいのだ。そんなもの見たくない。

身体をはって楽しませてくれる面白い映画をもっともっと見たい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 08, 2009

あんにょん由美香

「あんにょん由美香」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督:松江哲明
○出演:林由美香、ユ・ジンソン、いまおかしんじ

 いい映画を観たという感想が素直に残る映画でした。
みんな由美香さんが好きで、その思いで作られている映画でした。

監督として「まだまだね」といわれたことが心にひっかかっていた松江監督は
由美香さんの死を悼み、そこで1本の韓国エロ映画に出会う。
死後に出版された「女優林由美香」の編集過程で見つかった作品。韓国スタッフ
による日本で撮影されたエロ映画「東京の人妻 純子」で、そこでも由美香さんは
しっかり演技をしていたのだった。
どういう経緯でこの映画に由美香さんが出ることになったのかを追う一方、
由美香さんの代表作を撮った3人の監督を尋ね、彼女の生き様を振返っていく
ドキュメンタリー映画。

カンパニー松尾は初期由美香さんのアダルトビデオ「硬式ペナス」を監督。
撮影現場を訪ね、当時の様子をうかがう。彼の個人的な思いがあって撮影した
ように感じる。由美香さんがまだロリータで売ってる頃の作品で未見。
この作品って今見ること出来るのかな。

ピンク映画になれなかったドキュメンタリー映画「由美香」。筆者は後に発売された
DVDで見たが、この監督平野勝之。「わくわく不倫旅行」のタイトルがついている
この作品の平野監督と由美香さんは当時本当に不倫関係にあった。仕事とプライベート
割合が違う二人のわだかまりがサスペンス性を生む作品だが、こちらも作品の
舞台となった北海道まで思い出をたずねに行っている。そしてあの夕張の三角山の
峠越えを再現しているのだ。遠くに観覧車が見える夕張の町をバックに由美香さんが
何を思っていたのか。
平野監督へのインタービューが後に愚痴のようになってくるシーンが印象的だ。
本気で昔の自分の女への気持ちが見えるようだった。
由美香さんが死んだ日、実は久しぶりに平野監督との撮影の予定で、待ち合わせの
喫茶店に由美香さんが現れなかったことが語られる。それが後々になってうわさと
なったようだ。

「たまもの」のいまおか監督は由美香さんを「林さん」と呼ぶ。業界では先輩だからと
いくことらしい。「たまもの」での由美香さんはかなり自分の演技に自信があったようで
コレが後期の代表作となっていく。確かに台詞のない中で見せる(魅せる)演技を
重ねて通常のピンク映画とは一線を引いた作品に仕上がっていた。
作品にあわせてそのようなコントロールが出来るようになっていたのだ。

カンヌまで行った「日曜日は終わらない」ではその演技も作品にあわせていながらも
由美香さんの登場シーンだけはピンク映画の雰囲気が漂い、全体のイメージが
テレビ用作品とは思えない味わいを出していた。

さて物語は韓国エロ映画「東京の人妻純子」がどのような過程で製作、撮影されたかを
追うために当時のスタッフを訪ね、韓国の監督にまで会いに行くことになる。
さぞかし面白いネタが出てくるかと予想していたが予想は裏切られ、しかしそれ以上に
面白い事実が分かってくるところがいい。そうたいしたことはない、でも・・・・。

監督を招いて撮れなかったラストシーンを撮影することになる。
この「東京の人妻純子」の主人公純子=由美香さんとダブって見えてきて
出演している男どもは手の届かなくなったところへ旅立った彼女を送り出すかのようだ。

死んでもなおスクリーンの中で生きている彼女が映し出される。沖縄の首里劇場で
由美香さんのピンク映画が上映されていたのだ。

いつまでも彼女はスクリーンの中で生き続ける。
ちょうどこの上映があったときに梅田日活で「女将三十五才染みだすシーツ」という
由美香さん出演作を上映していたのだ。映画の中でのことを実感できる出来事だ。

実際、筆者自身もつぶれたビデオ屋さんで由美香さんの傑作ピンク映画「団地妻不倫で
ラブラブ」を見つけたことがあるので、どこかで由美香さんは生きているのだ。

こういうことをいうと少々残酷だが、今回の「あんにょん由美香」は由美香さんの
作品をまとめた本「女優林由美香」の映像版という気がした。そしてそこで語れる
内容は本の内容と同じで、当たり前だが彼らの思い出が更新されていないのだ。
2005年6月に亡くなった時のままで止まってしまっている。映像は残酷で生きている
感じさせると同時に残された人々の由美香さんに対する時が止まってしまっていること
も映し出しているように感じた。

少々意地の悪いことを書いてしまった。
でも事実である。

しかしながら「あんにょん由美香」は、さよなら由美香さん、であり、こんにちは由美香
さんである。その意味合いをじっくりとかみ締めたい。


| | Comments (0) | TrackBack (1)

October 02, 2009

グッド・バッド・ウィアード

「グッド・バッド・ウィアード」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督:キム・ジウン
○出演:ソン・ガンホ、イ・ビョンホン、チョン・ウソン
 おもろない。
面白くなるはずの題材が面白くなっていない。
韓国製西部劇と期待していた作品ですが公開がのびのびなっていたのは
その作品の出来と版権の高さからではないでしょうか。

宝の地図をめぐって対立するいい奴、悪い奴、変な奴。
大列車強盗のシーンから始まり、そのスケールの大きさ、かっこよさにしびれる
スタートを切るのだが、後がいけません。なんとも単調でお話に弾みがつかない。
地図が本物でも偽物でもいいのだ、争奪戦を繰り広げ、騙しあいの中にユーモア
を織り交ぜて見せてくれればいいのに、アクションの大掛かりな中に撮影、編集の
下手さが映画をつまらないものにしている。この点は香港映画を勉強して欲しい。

ラストの日本軍を巻き込んでの大追跡ゲームはやたらドンパチが多くて、
日本軍はそのためにだけ出てきた感じがする。

そしてその地図からお宝が見つかってしまうのも、当たり前すぎて面白くない。
客を騙してなんぼでっせ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 01, 2009

九月に降る風

「九月に降る風」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督:トム・リン
○出演:リディアン・ヴォーン、チャン・チエ
台湾のイケメンを揃えて1996年、高校生たちのひと夏の出来事を描く
という日本でも昔よくあった映画です。
そうよくあった映画なので目新しいところがなく、台湾でも同じようなことが
あるのだと確認して終わりました。まあ台湾版「帰らざる日々」というような
ところでしょうか。

 役者になじみがなく、その生活環境などの情報も少ないため、多くのキャラの
関係性を追うので苦労しました。

結局二人の男のだけを見ていればよかったんですけど。

あの野球賭博についての事件もどこまで事実なのか、最後に出てきた選手も
ゲストで本物だった見たいだけこのあたりがつかめんかった。

それでいて途中退場のイケメンの男の子は若い頃のトム・クルーズみたいだったし、
こんなホリの深い西洋系顔の台湾人っているんだっておもって帰ってきました。

正しいこの映画の見方ではないと思いますが、イケメンを見たい人にはいいかも。


ちなみに9月が台湾の卒業式シーズンだそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2009 | Main | November 2009 »