« ロボゲイシャ | Main | 母なる証明 »

November 28, 2009

なくもんか

「なくもんか」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督:水田伸生
○出演:阿部サダヲ、 瑛太、竹内結子、塚本高史

 言われなくても泣きません。笑うことも出来ませんが。
「舞妓haaaan!」で気をよくしてもう1本作られたのがこの作品。
主演:阿部サダオと脚本:宮藤官九郎と監督:水田伸生のトリオ作品。
前回も笑える作品になっているようでなっていない、尺の長い作品になっており
まあこんなものかと思っていたが、今回はもっとひどく、純粋に下町人情物に
しておけばいいのにいらぬ要素を組み合わせて中途半端な展開になっている。
歯切れがよい、スピードがあるといえばいいように聞こえるかも知れないが
下町人情物の人の心を描いていない。居候がみんなに気にいられるように
努力してきたところへ弟が現れ騒動が起きる、風なところは寅さん風
なのだが、一人ひとりのキャラの丁寧さがかえって雑然と並べただけで、
いしだあゆみのみが光っていた。
竹内祐子の帰還と弟が現れるのは重複しているのだ。どっちかでいい。

人情には恋がつきもんで、そこは純情が笑いを誘う風にして欲しかった。

沖縄へ舞台を移して大失敗。あれこそ笑えないよ。

あの舞台は最後に商店街のイベントしてやって、そのみんなの力で
成功させるようにしなければ。

脚本:宮藤官九郎は「我輩は主婦である」が傑作なだけに非常に残念。
きっとあの作品だけが特殊なのでしょう。

まあクドカンにはそれほど期待していないのですが・・・・。

|

« ロボゲイシャ | Main | 母なる証明 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference なくもんか:

« ロボゲイシャ | Main | 母なる証明 »