« マイケル・ジャクソン THIS IS IT | Main | 最近ブログがかけていません。 »

November 14, 2009

スペル

「スペル」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督:サム・ライミ
○出演:アリソン・ローマン

 東京ファンタ、ゆうばりファンタで鍛えられたので少々のホラー映画は
大丈夫な体質になっていたのですが、最近、少々遠ざかっていたので、すっかり
免疫がなくなっており、それでもサム・ライミのお帰りなさい映画とみなが
いうので見に行きました。 怖かったです。ほんと怖かった。たった99分。
笑い飛ばしてみてやろうと思っていたのですが最後までしてやられました。

 借金の返済を延ばして欲しいと来た老婆の申し出を断った銀行の窓口係の
女性が老婆に呪いをかけられて、悪夢の3日間を過ごす。原題は「私を地獄へ
つれてって」と訳せばいいのでしょうか?

 こういうホラー映画は普通笑えます。「怖い」という一方その緊張
の裏返しに「笑い」が出てくるのが普通。あり得ない恐怖的なシーンを冷静にみて
笑ってみるのがこの手の映画の正しい見方と思っていたのだが、しかし今回は
違った。免疫がなくなったこともあり、その空気やリズムがつかめないのだ。
そして、見せない恐怖が繰り返しやってくるので笑えない。
本来、アメリカ映画で恐怖というと見せる恐怖で、その気味悪い姿を、
状態を見せて怖がらせる。ジェイソン、フレディなどのシリアルキラーの
映画を見ていればわかる。その衝撃的な映像で気分が悪くなる。まあ、出てくる
登場するまでが怖いとい奴だ。

しかしながら、今回は3日間恐怖の洗礼を受ける主人公にどのような恐怖の
体験をするか見当がつかず、はっきりした姿が見えないことが余計に恐怖心を
あおるのだ。

だから、呪いをかけた老人との戦いなどは本来は笑うところなのだが、
姿が見えない悪魔の仕業かどうか判別が付かない曖昧な悪夢の連続で
ほんと疲れました。

呪いをかけられたボタンをなんとかしなくてはいけないことになり
墓を暴く主人公。お決まりのように雨の中、乳首の透けるTシャツで
がんばるシーン、そしてラストのオチ。

もうはまり込んでしまって笑えず、おのオチ、落語のオチのようなラスト、
見抜けなかった! 

コレがとっても悔しくしい。してやられました。

コレを読んでしまうとかまえて見てしまうかもしれませんが、
この秋一番のオススメであることに違いないので、是非御覧なさい。

ホラーが苦手な人にもオススメします。心底怖がって、恐怖味わってください。
体調が悪くなったり、心臓が止まっても私は知りませんが。でもそれを
越えたところに笑いがありますから。


|

« マイケル・ジャクソン THIS IS IT | Main | 最近ブログがかけていません。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50812/46755913

Listed below are links to weblogs that reference スペル:

« マイケル・ジャクソン THIS IS IT | Main | 最近ブログがかけていません。 »