« 突然巨大昆虫と遭遇! | Main | なくもんか »

November 27, 2009

ロボゲイシャ

「ロボゲイシャ」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督:井口昇
○出演:木口亜矢

 全くさえない少女が姉とともに謎の組織に改造され、芸者の殺人マシーン
となってしまうお話。

 荒唐無稽のOKで見に行ったのだが、それがはじけていない。
特撮もアクションも面白みが全く無く、泣くになけない映画になっている。

独特のバカな映画の味わいでもあればいいが、滑ってしまったギャグも
アクションもどうしようもない。

誕生編、冒険編、完結編としてこういうものは構成され、善悪をきっちり描き
最後に強敵を倒すだけで面白くなるのにいらない話をくっけすぎて焦点がボケて
しまっている。

エロがないのも減点。スプラッタ度も低くこの点も中途半端。
バンバン撃っているのにちっとも当たらない攻撃ってあまりにもおかしい。
子どもの番組でももっとリアルよ。

瞑想?迷走するまま「ロボゲイシャ」というタイトルに頼って作ったことが
失敗だったと思う。


 

|

« 突然巨大昆虫と遭遇! | Main | なくもんか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ロボゲイシャ:

« 突然巨大昆虫と遭遇! | Main | なくもんか »