« 仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイドMOVIE大戦2010 | Main | Disney’s クリスマス・キャロル »

December 23, 2009

東のエデン 劇場版 I The King of Eden

「東のエデン 劇場版 I The King of Eden」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督:神山健治
○声の出演:木村良平、早見沙織、宮内敦士

 知らない人にストーリーを説明するのが難しい映画。
まずはテレビシリーズ全11話を見るが、恐ろしいぐらい深いと感じる内容で
はまり過ぎないようにしていたが、DVD連続レンタル約1週間で見て、
映画館へ向かった。
 卒業旅行でワシントンへ来ていた咲はホワイトハウスの前で全裸の日本人
青年滝沢と出会う。彼は記憶をなくしており、唯一の手がかりは手にしていた
携帯電話。それを手がかりにアメリカから一緒に日本に帰ってくる。
携帯には85万ドルの残高があり、ジョイスというコンシェルジュへ連絡が
取れるようになっており、要望を聞いてくるのだが、それは日本を危機から
救うという目的があり、どうやら滝沢はその一人らしいことが分かってくる。
他にも11名の携帯保持者がおり、それぞれが目的を持って行動しているよう
だが、お互いに緩衝し合っており、誰かが目的を達したときに他の携帯保持者
は消されることになっている。
 さて滝沢が日本に向けて発射されたミサイルを迎撃して日本を救うまでの話が
テレビシリーズで、その後がこの映画版となっている。

 滝沢の行方がわからなくなっており、咲は彼を探し続けていた。滝沢は
携帯を咲にわたしており、そのメッセージからニューヨークへ飛ぶ。

 このまま書くと中途半端なストーリー紹介になってしまう。
何が面白いかというと、まずはニートの復讐をテーマにしていること。
ニート、引きこもりの一人一人が今の世の中に対してテロを行っている
という理屈。ニートになることは個人が世間に対して行っているテロ行為だ
というのだ。
 また、映画ファンにはうれしい映画ネタが多く、テレビシリーズからいろんな
映画が引き合いに出されている。
 話の伏線の張り方や小道具の使い方、現在の世相も含めて若者の生き方なども
捕らえている表現、ストーリー展開が非常に魅力的だ。
 謎が解明されないまま次回作へ繋がるラストは消化不良で続きが早く見たい
となる。3月までお預けとなった(当初は1月だったのに)。

 コレを読んで興味をもたれた方。必ずテレビシリーズ見てから、映画を見ること
をオススメします。そうじゃないと全く判りませんから。

 もっといろいろ書きたいのですがまだ知識がついていかないところも、理解できて
いないところも多いので次回作を見たときにあらためて書きます。

 うーんやっぱりはまりつつあるかな・・・・・。

|

« 仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイドMOVIE大戦2010 | Main | Disney’s クリスマス・キャロル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50812/47090135

Listed below are links to weblogs that reference 東のエデン 劇場版 I The King of Eden:

« 仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイドMOVIE大戦2010 | Main | Disney’s クリスマス・キャロル »