« ビッグバグズパニック | Main | ビッグ・バグズ・パニック »

December 10, 2009

イングロリアス・バスターズ

「イングロリアス・バスターズ」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督:クエンティン・タランティーノ
○出演:ブラッド・ピット、メラニー・ロラン、クリストフ・ヴァルツ

 ドイツ占領下のフランス。酪農を営んでいたユダヤ人一家がナチスに殺される。
一人生き残った娘がナチスへの復讐の機会をうかがっていた。

 同じ頃アメリカの精鋭部隊がフランスに侵入。テロでナチスをやっつけるのが
目的だった。その残酷な殺し方からナチスでは恐れられていた。

 ドイツを称える映画のプレミア会場でナチスを一網打尽にする計画が静かに
進行していた。

 簡単に書くとこんなお話でコレを約2時間半で見せてくれる。

タランティーの映画は台詞がやたら多くて意味がなく、字幕を読むのがいやになる
ことがあるのだが、今回はそのようなことは無く非常に巧みなお話をうまく転がして
見せてくれた。はっきりいってかなり刈り込んでしまったようで、もっと長くして
描きこんでいるであろうひとりひとりのキャラをもっと立たせて欲しかった。
少々物足りない感じがする。お話として洗練はされた感じはあった。
ナチスに復讐するユダヤの女ショシャナと映画館の黒人の映写技師とのロマンスも
実はもっといろいろあったのではないか。
ブラピの出演シーンが少ないし、他のバスターズたちもそれなりに癖のある連中
が集まっているのにひとりひとりが立ってきていなかったように感じる。
でもこれ以上長くしたら3時間を越えてまた2部作になりそうだし、TVドラマ
にするのはちょっと違うかな・・・・。

悪ふざけの映画ではあるが、映画への愛は本物でそれは見ていてよく伝わってくる。
そこがまたこの映画の魅力ではある。

でも可燃性フィルム、燃やして欲しくはなかったなぁ。

|

« ビッグバグズパニック | Main | ビッグ・バグズ・パニック »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference イングロリアス・バスターズ:

« ビッグバグズパニック | Main | ビッグ・バグズ・パニック »