« ゼロの焦点 | Main | レイジング・フェニックス(Raging Phoenix) »

December 17, 2009

大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説

「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督:坂本浩一
○出演:南翔太、黒部進、森次晃嗣

 いい意味で期待を裏切ってくれました。
全く期待していなかったのですが何か様子が違うと感じており、劇場へ足を運んだ
のですが、今までに無い、本当に今までに無いウルトラマンの世界を見せてくれ
ました。感激です。
 ウルトラマンの国、星? 光の国の光のもとが失われ、危機が迫ります。
難を逃れたメビウスがレイに助けを求めます。レイはゴモラとリトラを扱う
怪獣使いで、レイブラット星人の血を引く地球人だった。光の国の光を奪った
のはレイブラット星人にのりうつられたウルトラマンベリアルだった。
ダークサイドに心を奪われたベリアルは怪獣100体をあやつり宇宙を征服
しようとしていた。

 大筋はこんな感じですが、今までのウルトラマンの設定を無視したのでは
なく、むしろタロウの時代からの設定を引き出してそれを見事に映像化し
かつ従来の設定も生かすという大胆なことをやっている。

仮面ライダーが従来の設定にとらわれず自由になったことで、ディケイドの
素晴らしい展開になったと思っていた。ウルトラマンはどこまでもその設定
にこだわることが重荷になっていると思っていた。それを一気に飛び越して
あらたな境地を切り開いた。

 今回の話には地球は出てこない。大怪獣バトルの時代は怪獣頻出期から
先の銀河の物語。だから怪獣とウルトラマンが地球上で戦うということは
しない。ゆえにその迫力が半減すると思っていた。
また、怪獣もウルトラマンもおもちゃのためのキャラクターグッズ販売の
ための使いまわしと思っていたが、それなりに多少強引ではあるが設定が
ありストーリーとしてきっちり組み込まれていた。

 今回のウルトラマンの誕生秘話はタロウのときに出来た設定で、のちに
メビウスのときに語られることになった。
びっくりしたのがアンドロメロスの設定まで形を変えて登場したのは
まいった。知る人ぞ知るパワードスーツを着たウルトラマンで、あまり
受けはよくなかったらしいがテレビでやっていた。それに似た?スーツを
着たゼロの登場シーンにはびっくり(といってもコレも少々強引かな)。

ウルトラマンも結構レアものありで、ユリアンとかウルトラマンUAS、
パワードまで登場、マックスも出ていたのはうれしかった。
でもムサシは出てきたのにコスモスは登場しなかった。
ティガとガイアネクサスもいなかったかな?

ウルトラマンキングの声が小泉元首相というのは微妙で、郵政民営化とか
いいそうで辛かった。母は声優がへたくそ。べリアルの宮迫は素晴らし
かったな。

今回は放送局が製作に入っていない。コレは今の映画作りとしては少々
異例のことで、この点が興行に影響するだろうと思われる。しかし
ワーナーが製作にまで入っていることで世界配給も狙ってかかなり補強
されたのかも知れない。

過去にさかのぼると東宝、松竹富士、松竹、ソニーピクチャーズ、そして
ワーナーと製作や配給会社を変えながらウルトラマンは迷走してきたと
いえる。しかし、円谷の体制が変わったことにより崩壊するかと思われた
がいい方向へ向いていると今は信じたい。

まあ、あまりこのパターンを繰り返されても困るのだが、しかし、息の長い
シリーズとして今後も続いて我々を楽しませてほしいと思う。

 ここまで今までのしがらみを負ではなく正に転化することが出来た
のだから真打登場としてゴジラを復活させてはくれないだろうか。


|

« ゼロの焦点 | Main | レイジング・フェニックス(Raging Phoenix) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50812/47041137

Listed below are links to weblogs that reference 大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説:

« ゼロの焦点 | Main | レイジング・フェニックス(Raging Phoenix) »