« マイマイ新子と千年の魔法 | Main | あけましておめでとうございます。 »

December 31, 2009

のだめカンタービレ 最終楽章 前編

「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督:武内英樹
○出演:上野樹里、玉木宏、山田優、ウエンツ瑛士、ベッキー

 フジテレビの月9のときからのファンです。
その後スペシャルドラマを鑑賞。アニメも鑑賞済みですが原作は一度も
読んだことがありません。なぜならクラシック音楽がマンガから聞こえて
こないからです。いや読み込むと聞こえてくるのかも知れませんが・・・。

 それで今回の映画版です。テレビシリーズのその後、パリ編を描いています。
映画としてどうのとは言いません。ファンとして楽しめる作品になっていました。
もったいない話ですが、テレビそのままをスクリーン上でやっているのです。
少々CG処理がオーバーかな?と思いましたが、それ以外は印象は変わりません。
それが成功していると思わせるのが不思議です。
通常なら劇場版ということで肩に力の入った、スクリーンでみせるからには
と余計なことをするのですが、全くありませんでした。

一言いえば、音がよかった。もともとクラシック音楽は好きなほうなので
劇場でたっぷりいい音で聞くことが出来たのはうれしかった。
ラブソディ・インブルー、ボレロ、マーラーの交響曲などなど。

千秋先輩のルー・マルレオーケストラ奮闘編が中心で、常任指揮者となった
千秋が壊滅状態のオーケストラを立て直していくストーリー。

 まあ次回GWまで引き伸ばす必要はあるのか?と思いますが楽しみは
とっておきましょうということですかね。

さて、これか今年のスクリーンでの見納めになりました。
劇場で見たのが99本。
近年になく見た年でしたが、この正月興行をみて、ボクたちの好きだった
洋画はどこへいってしまったのか?
邦画ばかりでしかもアニメが多い。洋画らしい洋画は「アバター」のみ?
ファミリーに占領されるシネコンには近寄りたくない、そんな年末年始に
なりそうです。それでほんまええの?なんか違うような気がします。

来年の期待作を眺めて期待できる、心待ちに出来る作品が見当たらず
いい作品に出会えることを祈るばかりです。

ではみなさまよいお年をお迎えください。

|

« マイマイ新子と千年の魔法 | Main | あけましておめでとうございます。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference のだめカンタービレ 最終楽章 前編:

« マイマイ新子と千年の魔法 | Main | あけましておめでとうございます。 »