« 東のエデン | Main | ビッグバグズパニック »

December 04, 2009

2012

「2012」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督:ローランド・エメリッヒ
○出演:ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、ダニー・グローヴァー

 この映画にもインドマネーが入っていると見た!がいかがでしょう。
中国は大事なお客さんだから映画の根幹部分においといて、主役はやっぱり
白人でないと駄目だし、離婚問題、家族の問題はかかえていないと親近感が
出てこないものね。だから子どもも男の子と女の子でそれぞれ見せ場を用意。
世界のリーダーはアメリカじゃないといや。現実に近いところで黒人大統領に
しておけばこの点で肌の色の問題はなくなるよね。日本人はもうあまり重要な
お客さんじゃないのでさわりだけでいいか。
そうそう宗教の問題で中国には牽制球としてチベットも描きこんで、
ラストは旧約聖書でまとめてしまえば世界中の誰もがどこかに自分を見つける
ことができて金の儲かる映画が出来るよね。

と企画会議で話し合ったかどうだか。

今流行の地球温暖化の話はなしで、太陽フレアの影響で熱せられたマグマが
地殻変動を起こし大陸が上下左右に動くというもの。

近いところで夏に公開された「ノウイング」がそうでした。
太陽フレアってもしかして本当にやばいんじゃないの? 本当に。

ご都合主義と荒唐無稽で2時間半楽しませてくれる映像満載で飽きさせない。
アレだけ公開前に露出していても細かいところで編集は違っていたし、
次々に出てくる映像の合間の適度な休憩がリズムとしていい。

残された時間は後半になるほど短くなり、スケールの大きい災害と
ミクロな部分でのアクションがカットバックで展開されるクライマックスは
エンタテイメント映画の王道をいく。

本当にいまの世の中を映している設定が面白い。
巨大建造物を作るにあたって中国の国力が必要であったことが台詞で出てくる
シーンや、科学者がインド人であるあたり、10年20年後にこの時代は
こうだったという証明にもなるのではないか。

さて、2012年12月21日まであと約3年あなたは何をしますか。


|

« 東のエデン | Main | ビッグバグズパニック »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2012:

« 東のエデン | Main | ビッグバグズパニック »