« アサルトガールズ | Main | 今年のゆうばり映画祭 »

January 12, 2010

カールじいさんの空飛ぶ家

「カールじいさんの空飛ぶ家」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督 :ピート・ドクター

 もちろん3Dで鑑賞。
ワーナーマイカルで観たのだが、ココは300円でメガネ用の3Dめがねを
販売している。メガネの前にサングラスのレンズ部分だけを取り付けるのが
あるが、あれと同様に3D用にレンズが装着できる。コレが素晴らしい。
とても軽くて装着感がなく映像が見やすい。今まではめがねの前に3D用の
メガネをつけることになりそれが重くて見づらかったのだが、これで解消
された。是非メガネ族はお試しいただきたい。

 さて「つみきのいえ」という短編の名作があったが、それをまたまた
ピクサーがパクッたと思っていたのだが、大きく予想が外れて素晴らしい
冒険譚になっていた。冒険家が存在できた時代、それに魅せられた子どもは
多かったと思うが、やがて現実の生活の中で夢は失われていく。
しかし年をとってもその夢に生きる男の物語で、今の子どもたちに失われて
しまった冒険心を植えつけてくれるのだ。というか植えつけられればいいな。

思ったより多くの要素が詰め込まれており楽しませてくれる。
特に飛行船に乗った探険家の登場や、その部下の犬たちとの戦い!?は
後半の見せ場になっており、予告などでは伝えられていない隠しだまと
なっている。

地球が狭くなり、冒険を夢見るようなことが出来なくなってしまっている時代に
こういったメッセージが子どもたちに伝わるのだろうか?
どちらかといえば今のオトナ、いやそれ以上に高齢者たちこそが見て
懐かしみかつ、夢を呼び起こすような映画だと思う。

|

« アサルトガールズ | Main | 今年のゆうばり映画祭 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference カールじいさんの空飛ぶ家:

« アサルトガールズ | Main | 今年のゆうばり映画祭 »