« Dr.パルナサスの鏡 | Main | ラブリーボーン »

February 14, 2010

おとうと

「おとうと」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督:山田洋次
○出演:吉永小百合、笑福亭鶴瓶、蒼井優、

 この映画いろんな見方が出来るのですが、正直に言っていつもの山田洋次の
上から目線映画で終始してしまったなという印象です。
この人寅さんも含めて自分と庶民の間に線を引いて描いてしまうので、
それが嫌味に見えて仕方がないのだ。そこに気付いてしまうとその映画の
価値が自分の中で下がってしまう。「おとうと」もいい映画と思ってみている人には
大変申し訳ないが、そういう映画だ。

 寅さんが死ぬシーンを撮影していたらこんな感じかなというラストだ。
いきなりネタバレで申し訳ないが、そういう映画なのだ。

最初の結婚式の大暴れ。寅さんは仁義をわきまえていたから決してあんなことは
しなかったが、別の意味で大騒ぎをしていたはず。それは寅さんならではの騒ぎだ。

姉の元へ戻ってくるとき、団子屋の前の素通りする寅さんが再現されていた。

そして姉との喧嘩と別れの流れも同じで、飛び出した寅さんはいつかは帰ってきたが
「おとうと」の鉄郎は帰ってくることは無かった。
いつかは迎えるであろう死を姉とその娘に看取られる姿は、妹さくらと甥の光男に
置き換えられる。

TVドラマの「男はつらいよ」ではハブにかまれて死ぬことになるが、抗議の電話が
殺到したといい、映画で復活した。だからラストを描くわけに行かず、ずっと寅さんは
生きていることになっている。「虹をつかむ男」のラストにCGの寅さんが出てくるのだが
あのようにどこかまだ旅を続けているのだ。

それに決着をつけたかったのが本作ではないかと思う。
そんな必要があったかどうかは疑問だが・・・・。

この映画、別の側面からみて、鉄郎を関西人にする必要があったのか。
鶴瓶さんの妙に窮屈そうな演技が気になって仕方がなかった。
鶴瓶さんの関西弁にしても妙に聞こえる。大体結婚式でタイガースの扇子はないで。
酒での失敗というシーンにしてもあそこまでの失態を演じさせるのは鶴瓶さんの個性を
損なっているように思えるのだ。
鶴瓶さんなりの彼の個性を生かした演出とはいえないところが随所にあった。
山田監督の関西人はこんなだから、という意識がどういても見えるのだ。
無理に関西人に設定しなくてもちゃんと映画として成り立ったと思う。

姉と弟の物語として丁寧に描けばそれでいいのだ。

最後の施設の描き方も悪くはないが、学校に出てくる夜間中学のようにどうも
癖がある。こういうのものを描かなくてはいけないような山田監督の呪縛の
ようなものを感じてしまうのだ。

寅さんのときのようにさらりと描き、そこで寅さんが人生の師として講義したような
それを笑い飛ばすぐらいの器量をもって描いて欲しい。
決して馬鹿にするのではなく、映画の一舞台としてさらりと描いてほしいのだ。
どうも説教臭いというか何か使命感のようなものをもって描くのが鼻に付く。

鶴瓶さんについて。
私は「ぬかるみん」ではありません。「ぬかるみん」とはラジオ大阪の深夜番組
「ぬかるみの世界」のファン、またはその熱狂的なリスナーのことで、私はあまり真剣に
聞いていなかった。しかし深夜ラジオは必須アイテムで中学から高校時代は必ず何か
聞いておりそこで耳にした。鶴瓶さんは新野新先生と二人でこの番組を長くやっており
落語家というよりはそのイメージが先行していた。
東京に出ても失敗した話は聞いていたので決して全国区にならないと思っていた。
「東京上空いらっしゃいませ」なんか何故?鶴瓶さんが出ていたのかと思ったぐらい。
「パペポテレビ」は上岡龍太郎の理屈をごねるのが面白く好きだった。鶴瓶さんとの
よもやま話、立ち話がなぜか番組として成立している。
この台本のない会話、時にはどこへ話しが行くかわからない無軌道、暴走ぶりが
楽しく、こちらも二人の個性を生かしたおもろい番組として成立していた。
「時由空間X」は画面内容と鶴瓶さんとほかの人の喋りが別に進行し、文字が流れて
いた。ネットも双方向テレビも無い時代の実験的なテレビ番組で短期間で
終わってしまったが本当の意味で先取りした感じがしていた。
「9年9組鶴瓶学級」は学校では教えないことを勉強していく若者の姿をTV番組としており
素人の若者を集め教師としての鶴瓶さんが毎回迎える講師とのトークが面白く
興味深かった。
大阪で育ったものとして鶴瓶さんの番組を昔から見ていたものとして
今回の映画「おとうと」は私の知っている鶴瓶さんではないなにか違ったものに
見えてしまった。
「ディアドクター」は実は見ていない。こんな風に感じるのが嫌だったから。

でも鶴瓶さんの芸の幅が広がりもっともっと大きくなっていかれるひとつの過程なのかも
しれませんね。

私の好きな鶴瓶さんの姿、芸を見れる番組は今はないのが少々残念です。

|

« Dr.パルナサスの鏡 | Main | ラブリーボーン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50812/47564845

Listed below are links to weblogs that reference おとうと:

« Dr.パルナサスの鏡 | Main | ラブリーボーン »