« ジージャー:頑固に、美しく、猛々しく | Main | 冷たい雨に撃て、約束の銃弾を »

March 14, 2010

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々

「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」
―――――――――――――――――――――――――――
○監督 : クリス・コロンバス
○出演 :ローガン・ラーマン、ブランドン・T.ジャクソン、アレクサンドラ・ダダリオ

 みんな「アバター」に飽きたからか結構ヒットしています。
確かにそれなりに面白いお話ですが、お子様向けではあります。
日本人にはあまりなじみの無いギリシャ神話の神々と人間との
お話なのでその面白さが充分に実感できないところはありますが、
まあこんなもんでしょ。

デミゴッドっていうのはオリンポスの神々と人間との間に生まれた
子どものことで、パーシーの本当の父親は海の神ポセイドン。
(私はバビル2世のポセイドンしか思い浮かばないのですが)
パーシーがゼウスの或るものを盗んだと疑われ、狙われることに。
パーシーはアメリカ各地を転々としながらロールプレイングゲームのように
アイテムを集め仲間とともに真実に迫るのだった。

とまあ分かりやすいお話で、メヂューサなどはショッカーの総統正体しか
思い出さないし、キメラはキングギドラやとか心で叫んで遊んでいました。

役者がしょぼいのでこのままここで終わるやろと思った人間が
まだまだ出てくるとか、続きはあるけどヒットするかどうか成績しだいという
余地みえみえで、2匹目3匹目を狙っています。

デミゴッドの学校もなんかしょぼいのでハリー・ポッターと比較されますが
ぜんぜん違うでしょって感じでした。

さて次はどうなるのでしょう。

しかし・・・・オリンポスの神々にまつわる手がかりを見つけに行くなら
アメリカ国内のレプリカじゃなくて現地に行けよな。

|

« ジージャー:頑固に、美しく、猛々しく | Main | 冷たい雨に撃て、約束の銃弾を »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:

« ジージャー:頑固に、美しく、猛々しく | Main | 冷たい雨に撃て、約束の銃弾を »