« インビクタス/負けざる者たち | Main | アカデミー賞 追加報告 »

March 08, 2010

速報 第82回アカデミー賞 授賞式

作品賞:ハート・ロッカー 監督賞:キャサリン・ビグロー

コレはあまりにも普通で面白くないけど、筆者未見のため急いで確認しなければ
なりません。まあ、初の女性監督が受賞というのは快挙というべきかも。
それでも「ハート・ロッカー」は拡大公開にはならないような気が・・・・。

 ところで「アバター」は完全無視状態。
よくあることで、大ヒットした映画が賞をもらえるかというとそうではない。
このあたりはいつもどおりで、キャメロン監督の前作の「タイタニック」が
得意な例になるのでしょう。

主演女優賞:サンドラ・ブロック

いまだに「スピード」のイメージしかないのでココでこんなことになるとは。
アメリカでは昨年作品がヒットしているのは知っていましたが、彼女の評価が
ココまで高まるとは。「本人も私が受賞していいんですか?」って言ってました。
「幸せの隠れ場所」は現在公開中。でもこれではくがつくとは思えません。


主演男優賞:ジェフ・ブリッジス

カントリー歌手役がいいとの評判ですが、これもまた日本公開でプラスになるとは
いえない賞で、こちらもこれでよかったの? って感じです。


今回の授賞式は近年のものにくらべて一段とショーとしての魅力が
薄れてしまいました。それが一番面白くなかった。
名誉賞、アービンサルバーグ賞ともにスピーチなし。
ラストの作品賞にいたっては時間切れでノミネート10作品の紹介なし。
(確かに本編中にはあったけど・・・)
歌曲賞も、作曲賞もショウアップされていたとは言いがたい出来で、
お金がなかったのかな。

スティーブ・マーティンとアレック・ボールドウィンのコンビの司会は
面白さを期待するのが悪いのかいけてなかった。
ベン・アフレックのアバターの先住民のナヴィのかっこして出てきたのは
面白かったけど。「パラノーマル・アクティビティ」のギャグは笑えなかった。

昨年はアメリカ以外の国の資本の映画に占領されたアカデミー賞というイメージが
あったけど今年はそれを締め出してそろえた映画で構成した映画という気が
しました。「アバター」と「ハート・ロッカー」があったからなんとなく
見れたが、それ以外の作品はどうだろうか。はっきり行ってしょぼい気がする。

好みの映画もあるが、後世に伝え残すべき映画か? 疑問に思う。

やはりハリウッド映画は死にかけているのではないか?

3D元年と騒がれて多くの映画が公開されたが、アカデミー賞で取り上げられた
のは「カールじいさんの空飛ぶ家」と「アバター」のみ。
興行に貢献した映画がココでは無視されている。
ここに出てくるまでのレベルに至っていないと判断されたからだと思う。

いくらノミネート数を増やしてもクズばっかり製作されているのだから
この先アカデミー賞がどうなるのか? 昨年のような大きな変換と改革、
新しい流れを受け入れて継続していかないとやばいのではないかと思うのですが・・・。

ところで、昨年の東京国際映画祭で上映されたイルカ虐待を訴えるドキュメンタリー映画
「ザ・コーヴ」が長編ドキュメンタリー作品賞を受賞していました。
・・・やばいんじゃないの


|

« インビクタス/負けざる者たち | Main | アカデミー賞 追加報告 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50812/47756744

Listed below are links to weblogs that reference 速報 第82回アカデミー賞 授賞式:

« インビクタス/負けざる者たち | Main | アカデミー賞 追加報告 »